« 街猫 生きる | トップページ | Too small box and Maru »

2010年10月17日 (日)

こんな夢を見た

激しい尿意で目が覚める。

慌ててトイレに行くが、腰掛型便器が無い。

ただ白いタイルがあるだけだ。

これは盗まれたと判断する。

漠然と犯人像が浮かぶが誰だかは特定できない。

悔しさよりも盗難届けが面倒臭いと思う。

居間に戻ると部屋の隅、ピアノの脇に便器がある。

腰掛型だったはずだが朝顔型のようにも見える。

居間の様子もドラマのセットのような小奇麗な洋風に変化している。

とりあえず尿意を解決しようと思うがなかなか思うように行かない。

これは夢だと意識し始めたところで目が覚めた。

何じゃこりゃ

まるで「デュシャンの泉」Izumi だな。

居間のような日常空間に鎮座する便器の図はなかなかシュールであった。

あそこで強引に尿意を解決していたらエライことになっていたのは間違いない(目覚めてすぐにトイレに行った)。

|

« 街猫 生きる | トップページ | Too small box and Maru »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/49775693

この記事へのトラックバック一覧です: こんな夢を見た:

« 街猫 生きる | トップページ | Too small box and Maru »