« 漫画家現代洋子先生の「女体盛り事件」 | トップページ | ニューエリアなねこ。-Maru's new area.- »

2010年10月 1日 (金)

Phew@渋谷CLUB QUATTRO 2010.10.1

Phew(vo)Thumbwith石橋英子(p)、ジム・オルーク(b,syn)、向島ゆり子(vl)、山本精一(g)、山本達久(drs)、山本久土(g)

全曲カヴァーで構成されたニューアルバムの発売に合わせたスペシャルライヴである。

某音楽雑誌に掲載されていた彼女のインタビュー記事を読んでこのアルバム「5 Finger Discount(万引き)」のことが非常に気になっていたところにタイミング良くモロ氏の誘いがあった。おかげで貴重な(たぶん今回限りの)ステージを観ることが出来た。感謝。

調和と破綻の境界線上で絶妙なバランスを保ち続ける演奏をバックに独特な虚無感を伴うPhewの歌声で披露される昭和の日本の歌の数々・・・久しぶりにこの上なく刺激的な音楽空間を堪能することができた。

特に印象的だったのは中村八大と加藤和彦関連の曲だ(寺山修司はあまりにもハマリすぎて・・・)。今さらながらその名曲たちが持つ(どんなバックにも負けない)メロディの強さと(くっきりと明瞭な)言葉の美しさに感動させられた。

あ、そうそう、アルバムには収録されなったけど、アンコールで山本精一(g)だけの伴奏で披露された「candy says」(ヴェルベット・アンダーグラウンド)そして「見上げてごらん夜空の星を」(坂本九)の2曲がしみじみと深い余韻を残してくれたことを記しておこう。

オープニング・アクトの七尾旅人 が予想以上に良かった、いや、最高だった、「ワイルドサイドを歩け」(ルー・リード)にはシビれた。興味津々である。アルバムをちゃんと聴いてみよう。そう言えば最近なんかの雑誌の表紙だったような・・・何だったけな?

|

« 漫画家現代洋子先生の「女体盛り事件」 | トップページ | ニューエリアなねこ。-Maru's new area.- »

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/49634688

この記事へのトラックバック一覧です: Phew@渋谷CLUB QUATTRO 2010.10.1:

« 漫画家現代洋子先生の「女体盛り事件」 | トップページ | ニューエリアなねこ。-Maru's new area.- »