« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

特別展「中原街道」@品川歴史館

中原街道(虎ノ門~丸子橋)

子供の頃から中原街道は一番身近な「大通り」だった。だがその割に詳しく知らなかったりする。遠く神奈川の平塚まで達していることを知ったのは車に乗るようになってからだ。住んでいる場所が旗の台や平塚橋の(中原街道の)旧道に近かったので何となく古くからあるのだろうなぁとは思っていたが、どうやら江戸時代以前から存在する歴史的な街道らしい・・・

で、午後から行って来たわけだ。

品川歴史館HP http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/jigyo/06/historyhp/hsindex.html

正直ちょっと期待はずれだったかな。

もう少し近隣の民衆の生活感(日常生活や伝承とか民間信仰とか)が伝わる資料を期待していたのだが、どうやら昭和の戦災でその多くが失われてしまったらしい(品川の罹災率は80%以上)。そのためか展示物のほとんどは当時の為政者側の資料ばかりであった。もっとも東海道などの特別な道に比べればあまりに日常的に利用される道であったためにあえて書き残す事は無かったのかもしれん。

それでも地元の歴史を知ることはいろいろと刺激になる。

行き帰りは久しぶりに長い距離を歩いたのだが、ぐるっと大森から大井町まで迂回した帰路では沿道の祠や社がいつも以上に興味深く見れた。初めて歩く道は楽しい。品川に住んではいても、実はこの辺りはあまり馴染みが無かったりするのだ。これは良いウォーキングルートが出来たかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

野沢那智さん死去

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/sponichi-kfuln20101031006012/1.htm

世代的にドロンよりもイリヤや百鬼丸が好きだった。中学生の頃彼の深夜放送ラジオを聴き、声優の仕事とのイメージの落差に悶絶した。大人も一皮向けば俺等(中学生レベル)と同じ、世の中けっこう面白いと思ったもんだ。

は~・・・

私たちを楽しませてくれた人たち(当時の大人たち)が次々と逝ってしまう。これからさらに訃報が増えるのだろう・・・順送りだし、しょうがないな。

ご冥福を祈ります。

合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

嫌だなぁ・・・

今年3回目の「?」な体験。

前々回)「彼女が来た」http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/06/post-6e4c.html
前回)「何だったんだ」http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/08/post-5b56.html

朝、洗面所で顔を洗おうとしてシンクの中に落ちているタオルに気が付く。しかも水に浸した後のようにぐっしょりと濡れている。

はて、洗面所のタオル掛けは右横の壁に備え付けてあり意図的でない限りシンクの中にタオルが落ちる可能性は低いはずだ。昨夜は酔って帰宅したため、無意識のうちにタオルをシンクの中に放り込んでしまったのかもしれない(すぐ横の洗濯機と間違えた?)。それにしてもこの濡れ方は異常だ。洗面後の顔を拭いただけでこれだけの水分を含むはずは無い。蛇口が緩くなって水が漏れていたのか。しかしその時点で蛇口から水が漏れている様子は無かった・・・。

不気味ではあったが深く考えないことにした。「こわい考え」(byぼのぼの)にたどり着きそうだったし。念のため新しいタオルはタオル掛けに慎重に掛け直してから家を出た。

そして、その夜帰宅して洗面所に行くと・・・

タオルはシンクに中にあった。しかも朝と同様ぐっしょりと濡れた状態だ。

正直怖い。

考えたくない。

おや、今洗面所のほうから物音が聞こえた。

ちょっと見てく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

Perfume「ねぇ」PV

現時点でPerfumeの魅力の集大成と言っても良い出来だ。

TOKUMAオフィシャルとしてYoutubeにアップされた動画、残念ながら途中までだが・・・

しかし、プロモーションとして制作されているのに、何故全部を見せようとしないのかな。特にこのPVは後半が最高の見物なのに。DVD付きの初回盤の売り上げに影響するから?いやいや、どう考えても本末転倒だろう。

ということで、このアメリカのファンサイト「Perfume Cityhttp://perfume.ekuseru.net/の中を丹念に探すと全編を見れるかも(中学生程度の英語力があれば十分)。それにしても、後半に登場するあのジグ・ダンスのような足さばきは見事だよね。このアメリカのサイトでも大絶賛だ。あちらのファンもかなり熱い。海外からドーム参戦の方も多いようだ(オフ会の話しも出ている)。

そんな海外ファンの代表thispenguin氏の新着動画

いやー東京ドームがホント楽しみだわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

A12 28mmを予約した

41rnukzrvl__sl500_aa300_ GXR用レンズユニットA12 28mmである。予想よりも注文が多かったようで当初の発売日が延期され11月5日となった。これは買い逃す虞もあると思い予約した。新しいファームウェアによりA12シリーズの欠点であったAFの遅さも改善されるようで非常に楽しみだ。

ところで、28mmというとGRDだが、もちろん併用していくつもりだ。この携帯性の良さには捨てがたい魅力があるからね。

GRDⅢ 銀座にてRimg1482a

Rimg1483

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

Bad Company@東京国際フォーラム 2010.10.25

バドカンである。

デビュー当時(1974)はこのバンド自体への興味は(オリジナル)メンバー個々に対するそれよりも強くなかった。世界的な成功(メインはアメリカだが)を目指した大味なロックンロール・バンドという印象が個人的には強かったこともある。

そして目論見通り彼等はアメリカのみならず日本でも大きな成功を収めたのだが・・・

いや、ほんと、あの頃はどこへ行っても「キャント・ゲット・イナフ」を耳にした。日本でも日常的に洋楽ヒット曲が流れる時代であったのだ。音楽仲間の家に行けばファースト・アルバムをかなりの頻度で聴かされた。悪くはなかったんだよ、もちろん。むしろ一曲一曲がよく出来ていてさすがにたいしたもんだと思っていた。ただね、もっと複雑でテクニカルな音楽(プログレやクロスオーバー系)に興味が移りかけていた自分としては素直に認めたくなかったのだ、捻くれていたな、自分。

今思えば、各メンバーもそれまでの音楽活動(フリー、モット、クリムゾンだもんな、すごいよね)への反動としてもっとハッピーな音楽を演りたいということがあったのだろう。本気を出せば「商業的」に成功をすることも出来るんだぜ、という自負心もあったのかもしれない。

それはさておき、今回のライヴの話し。

やっぱりポール・ロジャースは凄い。それに尽きる。終演後、会場を後にする観客達(男性比率高し)の顔はどれも満足そうだった。

それにしても、ロック系オヤジ(俺含む)は皆、今観たライヴのことを熱く「語る」よね。感動を言葉にすることで確かなものにしたい、だから居酒屋直行!という方々も多そうだった。好きだな、そういうの。最近のライヴは会場出てすぐ携帯(自分の日常優先)みたいな輩が多いからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

GRDⅢ 昭和記念公園 コスモス

前回訪れたのは前世紀、1995年ごろだったかな、以前に勤めていた会社の組合リクリエーションの一環としてバーベキューをした事があった。昼からいい具合にアルコールが回っていたので他の記憶は定かではないのだが、夕暮れ時のコスモスの丘の美しい風景だけはよく覚えている。これはまたぜひ見たいと思ったものだ。

結局15年近く経ってしまったが。

最寄駅は「西立川」駅。地味だ、あんまり変わらんなぁ。Rimg1454

Rimg1476

Rimg1455

Rimg1458_2 

Rimg1469

「コスモスまつり」は11月3日まで。

昭和記念公園HP http://www.showakinenpark.go.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

「半田溶助女狩りthe complete edition」 山上たつひこ

ああ、出るっ!

Handaobi_4

つーことで目出度く復刻されることになった。発売は10月25日。

「鋼鉄男」シリーズの再録も嬉しい。

内容詳細はこちらでhttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1017&f=national_1017_066.shtml

http://webfreestyle.com/hanbaisokushin.htmlでその一部を「試し読み」もできる。

しかし、「失神首ふり童子」等、今さらながら素晴らしすぎるタイトルセンスだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

ザ・スリッツのアリ・アップ、急死

享年48歳。http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1022&f=entertainment_1022_027.shtml

スリッツ参加時はまだ10代だった。Ariass_upcd03c_3

驚いた。

数年前にスリッツ再結成、そして来日公演とまだまだ現役ミュージシャンとして元気そうだったのに。

そうか、ジョン・ライドンの義理の娘になっていたのか・・・感慨深い。

ご冥福を祈ります。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

Xbox360「レッド・デッド・リデンプション」 RED DEAD REDEMPTION クリア

メインストーリーとなるクエストを全てクリアした。ゲームをやり遂げたというより良質の映画を観終えた(作り上げた)という印象だ。

前回ブログ記事http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/10/xbox360-red-dea.html

物語は大きく分けると「アメリカ西部編」、「メキシコ編」、「アメリカ東部・北部編」という三部構成になっている。前回のブログはメキシコ編に突入したばかりの時に書いたもので、この時はメキシコ編も能天気なキャラが多かったアメリカ編同様にエンターテイメント性重視のマカロニ的展開になるのかと思っていた。

ところが、これがどうにも救いの無いリアルでシビアな世界観が支配し始める展開になっていく。

「法」が「法」として完全に機能していないこの世界においては己の信じる事こそ唯一の「法」であって、そこでは善も悪もきわめて相対的なものでしかない。極端に言えば自分以外は(自分が認めたもの以外は)存在する価値さえない、ということだ。だからこのゲームに登場する(主人公も含めて)人物たちは皆、非常に饒舌に己の信念(法)を語るのだ。

そしてメキシコ編ではそんな輩が将軍として軍を統率していたり、もしくは革命家と称して民衆を扇動している現実が描かれている。我々の眼(もしくは終始第三者である主人公)から見れば本当に最低最悪の連中だ。それはもう「今朝ひりだした自分のクソの方が可愛く見える」(ある登場人物の言葉)ほどだ。

だがしかし、それではこの世界では何が正義で何が悪なのか?

そして第三部では主人公がその当事者となってその問題に直面していくことになる。

とここから、非常にネタバレを書きたいのだが・・・自重する。

ただ、これだけは書いておく。

エピローグ的に登場する最後のクエストはそれが発生した瞬間にその意図が理解できて自然と熱いものがこみ上げてきた。すっかり主人公に同期してしまっていた私はラストの行動を選ぶことに何の躊躇もしなかった。何故なら自分が「法」でありこれは「裁き」なのだから。

あ、もちろんゲームとしても初心者から猛者まで十分に楽しめる自由度の高いシステムだよ、無理にメイン・クエストを進める必要もないし。エンドタイトルの後もそのまま続けることもできるしオンラインも楽しい。

今年の春に出たアメリカ版を凡人さんという方が自ら翻訳した字幕つきでニコニコにアップした動画があるので興味があったらどうぞ。

動画リストhttp://www.nicovideo.jp/mylist/19141819

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

「シグルイ」完結

一時はどうなるかと思ったが見事に完結した。51pnvlyyhel__sl500_aa300_

壮絶にして残酷、まったくもって悲劇的で理不尽な結果なのだが、この物語世界であらばこれ以上はない理想の結末であったと思う。ある種の美学(作者山口貴由の多分に趣味的な美意識)の成就といっても良い。

良くぞ描いた喃。

ラスト近くはページをめくるたびに心臓の鼓動が上がった。その場にいるような感情の高まりを覚えた。こんな形でしかお互いに触れ合うことができなかった藤木源之助と伊良子清玄を不憫に思いつつも羨ましくもあった。

エピローグは「曖昧」になってしまった源之助の見た夢であったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

Too small box and Maru

Maru is like a great silent film physical comic. Like a Charlie Chaplin or Buster Keaton. Maru is a legend. ―― 動画コメントから

まるなりにいろいろ試しているところが なんとも可笑しい。

最後は「このぐらいにしておいてやる」という感じでそれなりに満足したようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

こんな夢を見た

激しい尿意で目が覚める。

慌ててトイレに行くが、腰掛型便器が無い。

ただ白いタイルがあるだけだ。

これは盗まれたと判断する。

漠然と犯人像が浮かぶが誰だかは特定できない。

悔しさよりも盗難届けが面倒臭いと思う。

居間に戻ると部屋の隅、ピアノの脇に便器がある。

腰掛型だったはずだが朝顔型のようにも見える。

居間の様子もドラマのセットのような小奇麗な洋風に変化している。

とりあえず尿意を解決しようと思うがなかなか思うように行かない。

これは夢だと意識し始めたところで目が覚めた。

何じゃこりゃ

まるで「デュシャンの泉」Izumi だな。

居間のような日常空間に鎮座する便器の図はなかなかシュールであった。

あそこで強引に尿意を解決していたらエライことになっていたのは間違いない(目覚めてすぐにトイレに行った)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

街猫 生きる

達者でなRimg1401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

池上本門寺 お会式 2010.10.13

毎年日蓮の命日の10月13日にあわせて行われるお会式。今年は連休明け火曜日の開催であった。もちろん平日であろうと休日であろうと日蓮聖人が御入滅された霊跡である池上本門寺お会式の熱気と盛大さはまったく変わらない。むしろ人出は三年前に見た時(土曜日だった)より多かったように感じた。

前回http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2007/10/post_2365.html

池上駅前から本門寺までの道(表も裏も)が屋台と人々で埋め尽くされていて、先へ行こうとするだけで難儀するほどだ。買い食い、立ち食い、座り食い、普段は衛生観念が強そうな人たちが路端や暗い路地裏まで入り込んで屋台の食物(C級料理?)に食らい付いている姿を見ると、カオス状態なのに居心地がいいというか、懐かしさや親近感だけではない不思議な感情(根源的なフィット感とでも言うのか)を覚える。ああ私たちは(隠しようが無いほど)亜細亜の一部として生きているのだなぁと実感する。

何にしても、信仰パワー畏るべし。

GRDⅢRimg1398

Rimg1392 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

いい「ねぇ」

Perfume新作は豪華10面蛇腹ジャケ!東京ドーム放送も決定http://natalie.mu/music/news/39107
これは良いPerfume。News_large_perfume_nexe_lim

News_large_perfume_nexe_nor

27_ext_02_0

最近は今さらながらのっちの「文才」に感服しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

Xbox360「レッド・デッド・リデンプション」 RED DEAD REDEMPTION

81uiwskznl__aa1500__3 今、私はアメリカ開拓時代末期の西部にいます。気分はイーストウッド(マカロニ)、というよりワイルドバンチ(ペキンパー)です。

基本は正義ですが、当たり前のように悪い事やズルい事もします。

助けを求められても見殺しにすることが多々あります。間違って一般人を殺しちゃっても基本謝りません。それどころか身包み剥がしちゃたりします。

おかげで仲間もたくさん出来ました。詐欺師、墓荒らし、ジャンキー・・・皆、イイ顔したロクデナシばかりです。ひょっとしたら敵対する連中よりもたちが悪いかもしれません。

旅先で偶然出合って私に頼みごとやら泣き言を言う方々も基本的に狂っています。自分の中の善悪のバランスも次第に狂い始めます。

GRDⅢで記念写真inメキシコRimg1400_2

馬でのんびり移動しながら鑑賞する大自然は美しいけど、油断していると猛獣や盗賊に襲われてあっという間にDEADです。馬が死ぬととても悲しいです。でも身包み(皮と肉)は剥がします。ハエもたくさん飛んでいます。

そんなゲームです。

公式HP http://www.rockstargames.com/reddeadredemption/JP/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

久々の井の頭恩賜公園

梅図かずおライヴまでの時間を利用して井の頭恩賜公園に行ってみた。吉祥寺の映画館(バウスシアター)やライヴハウスには何回も来ているが、この場所に来るのは11年ぶりかな。

自分(影)入りRimg1367

ハイコントラストにはしばらくハマりそうだ。Rimg1365

Rimg1361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

楳図かずお&ウメビンズ@吉祥寺STAR PINE'S CAFE 2010.10.11

モロ氏がウメビンズ(=メグビンズhttp://www.t-net.ne.jp/~rock_54/megvinz-index.htm)のMITUWAさんと知り合いであることから誘われたライヴである。

Rimg1369 Rimg1370

バックバンドがしっかりしているので間違っても落語「寝床」のようなことにはならないとは思ってはいたが、所詮「旦那芸」であることだしそんなに期待はしていなかった。

が、

これが楽しめちゃったんだよね。皆がマジで気を使ってしまう体力的な問題(御年74歳!)があるとはいえ、まだまだポップアイコンを現役でやっていけると思わせる歌と踊りのパフォーマンスだったのだ。演奏もゴリゴリと気持ちよくロックしていたし、そこに御当人の年齢不詳で中性的な佇まいが合わさると・・・こりゃグラムロックだな。

ラストは写真撮影OKだった。Rimg1375

大団円Rimg1378_2

楳図かずおHP http://umezz.com/mt/archives/001437.html

モロ氏、ありがとうございました。今度はメグビンズのライヴにも行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

GRDⅢ 機能拡張ファームウェア

RICOHのカメラにはこのDLサービスがあるからいつでも新製品気分で楽しめるのだ。

今回は「ハイコントラスト白黒」機能が追加。

早速使ってみた。

今日の渋谷(クリックで拡大して見てね)Rimg1354

Rimg1353

Rimg1352

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

街猫 上野在住

上野公園のこの方。元気そうだ(木の上で伸びしている下の写真は今年正月の撮影)。Rimg1343

016_2 秋口はノラ猫の死亡率が高くなると何かで読んだ気がする。厳しい夏を乗り越えた後の身体に朝夕の気温の高低差が堪えるか。これは猫に限らず(死には至らないにせよ)人間様も同様だ。この時期に夏のダメージをきちんと修復しておかないと、冬になってから大きなツケを支払わなくては為らなくなる(「心疾患」や「脳血管疾患」の1月2月の死亡率は非常に高い)。

自分も確実に修復機能が衰えてきたし・・・いろいろと自重自重。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかり秋ですな

秋の空はいいねRimg1332

ということで、夏の間はあまりの猛暑に中止していたウォーキングを再開したのだ。

最寄駅周辺にてRimg1335_2

Rimg1333_4 Rimg1337_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

DON'T GIVE UP

ま、生きているといろいろあるわけだ。

PETER GABRIEL&KATE BUSH【DON'T GIVE UP】1986

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

Perfume★「NATURAL BEAUTY BASIC」CM出演

もちろん使用曲は新曲「ねぇ」だ。1280_1024

10/6(水)~10/19(火) の2週間オンエアされる。

かしゆか篇・のっち篇・あ~ちゃん篇と全部で3バージョンあるのだが、これがどれも最高である。

関東と関西ではテレビ局によって観られるバージョンが違うので注意。

【関東】
東京放送(TBS) … かしゆか篇
フジテレビ(CX) … のっち篇
テレビ朝日(EX) … あ~ちゃん篇

【関西】
読売テレビ(YTV) … あ~ちゃん篇
毎日放送(MBS) … かしゆか篇
関西テレビ(KTV) … のっち篇

動画は全てNBB公式サイト(http://perfume.naturalbeautybasic.com/)でも見ることが出来る。尚、全員登場ヴァージョンはこのサイトでしか観れないようだ。

・・・しかし、曲を出すごとに着実にステップアップしている。この先どれほどの高みまでたどり着くのだろう。ドーム公演でさえも単なる経過点のひとつとして語られるようになるのはそう遠い未来ではないな(来年はドームツアー?)。

Perfume公式サイトhttp://www.perfume-web.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

Perfume 東京ドーム公演 即日完売 

Perfume、11月3日東京ドーム公演のチケット50,000枚が即日ソールド・アウト!

― ロッキング・オンの音楽情報サイトRO69(アールオーロック) http://ro69.jp/news/detail/41142から

たいしたもんだ。これは関係者も励みになって気合が入るだろう。良いライヴになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

ニューエリアなねこ。-Maru's new area.-

例のまる様動画新作です。

今回はラストのボーナストラックで本領発揮しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

Phew@渋谷CLUB QUATTRO 2010.10.1

Phew(vo)Thumbwith石橋英子(p)、ジム・オルーク(b,syn)、向島ゆり子(vl)、山本精一(g)、山本達久(drs)、山本久土(g)

全曲カヴァーで構成されたニューアルバムの発売に合わせたスペシャルライヴである。

某音楽雑誌に掲載されていた彼女のインタビュー記事を読んでこのアルバム「5 Finger Discount(万引き)」のことが非常に気になっていたところにタイミング良くモロ氏の誘いがあった。おかげで貴重な(たぶん今回限りの)ステージを観ることが出来た。感謝。

調和と破綻の境界線上で絶妙なバランスを保ち続ける演奏をバックに独特な虚無感を伴うPhewの歌声で披露される昭和の日本の歌の数々・・・久しぶりにこの上なく刺激的な音楽空間を堪能することができた。

特に印象的だったのは中村八大と加藤和彦関連の曲だ(寺山修司はあまりにもハマリすぎて・・・)。今さらながらその名曲たちが持つ(どんなバックにも負けない)メロディの強さと(くっきりと明瞭な)言葉の美しさに感動させられた。

あ、そうそう、アルバムには収録されなったけど、アンコールで山本精一(g)だけの伴奏で披露された「candy says」(ヴェルベット・アンダーグラウンド)そして「見上げてごらん夜空の星を」(坂本九)の2曲がしみじみと深い余韻を残してくれたことを記しておこう。

オープニング・アクトの七尾旅人 が予想以上に良かった、いや、最高だった、「ワイルドサイドを歩け」(ルー・リード)にはシビれた。興味津々である。アルバムをちゃんと聴いてみよう。そう言えば最近なんかの雑誌の表紙だったような・・・何だったけな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »