« GRDⅢ 昭和記念公園 コスモス | トップページ | A12 28mmを予約した »

2010年10月26日 (火)

Bad Company@東京国際フォーラム 2010.10.25

バドカンである。

デビュー当時(1974)はこのバンド自体への興味は(オリジナル)メンバー個々に対するそれよりも強くなかった。世界的な成功(メインはアメリカだが)を目指した大味なロックンロール・バンドという印象が個人的には強かったこともある。

そして目論見通り彼等はアメリカのみならず日本でも大きな成功を収めたのだが・・・

いや、ほんと、あの頃はどこへ行っても「キャント・ゲット・イナフ」を耳にした。日本でも日常的に洋楽ヒット曲が流れる時代であったのだ。音楽仲間の家に行けばファースト・アルバムをかなりの頻度で聴かされた。悪くはなかったんだよ、もちろん。むしろ一曲一曲がよく出来ていてさすがにたいしたもんだと思っていた。ただね、もっと複雑でテクニカルな音楽(プログレやクロスオーバー系)に興味が移りかけていた自分としては素直に認めたくなかったのだ、捻くれていたな、自分。

今思えば、各メンバーもそれまでの音楽活動(フリー、モット、クリムゾンだもんな、すごいよね)への反動としてもっとハッピーな音楽を演りたいということがあったのだろう。本気を出せば「商業的」に成功をすることも出来るんだぜ、という自負心もあったのかもしれない。

それはさておき、今回のライヴの話し。

やっぱりポール・ロジャースは凄い。それに尽きる。終演後、会場を後にする観客達(男性比率高し)の顔はどれも満足そうだった。

それにしても、ロック系オヤジ(俺含む)は皆、今観たライヴのことを熱く「語る」よね。感動を言葉にすることで確かなものにしたい、だから居酒屋直行!という方々も多そうだった。好きだな、そういうの。最近のライヴは会場出てすぐ携帯(自分の日常優先)みたいな輩が多いからなぁ。

|

« GRDⅢ 昭和記念公園 コスモス | トップページ | A12 28mmを予約した »

ネット動画」カテゴリの記事

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/49858628

この記事へのトラックバック一覧です: Bad Company@東京国際フォーラム 2010.10.25:

« GRDⅢ 昭和記念公園 コスモス | トップページ | A12 28mmを予約した »