« Perfume 新曲「ねぇ」 | トップページ | 漫画家現代洋子先生の「女体盛り事件」 »

2010年9月29日 (水)

ベルセルク 35

34巻目の記事はこちらhttp://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2009/10/34-ff16.html

第1巻(1990年12月)から数えて35巻目、ここ数年は年一巻の刊行ペースがすっかりデフォになってしまった『ベルセルク』である。しかも今回から今まで以上に濃厚な作品世界が広がりそうな新章「幻想世界篇」に突入という・・・こりゃマジで私の生きているうちには完結しないんじゃないかと思えてきた。

51ccz24lfbl__sl500_aa300_ 壮絶で壮大だった前章ラストから打って変わって、すっかりお笑い御一行様と化したチーム「ガッツ」(?)の珍道中から新章は始まった(まだ相変わらず海の上だ)。

好きなんですけどね、この職人的に細部まで描きこんだ絵でいかにも「マンガ」的なデフォルメとギャグ・テイストを盛り込んでしまうところが。特にキャラ立ちすぎのガッツ関係者(クリとかサルとか)は思わず弄びたくなってしまうのだろう。作者も楽しそうだ。

が、

展開ペースがまた一段と遅くなってきたような。

気のせいかな、たぶん

・・・

ところで今章から登場の魅力的な新キャライスマに辛い結末が訪れるのは嫌だなぁ。今の展開ではまだなんといえないが、この作品、そういうところはあっさりと残酷な方向に行くからね。

あ、とうとう人間止めちゃった海賊バカ親分とバカ子分はどんどん不幸にしちゃってかまわんです。

|

« Perfume 新曲「ねぇ」 | トップページ | 漫画家現代洋子先生の「女体盛り事件」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/49603356

この記事へのトラックバック一覧です: ベルセルク 35:

« Perfume 新曲「ねぇ」 | トップページ | 漫画家現代洋子先生の「女体盛り事件」 »