« 11万アクセス超え | トップページ | 東北三昧 秋田編 Part.1   »

2010年8月27日 (金)

何だったんだ

長く生きていれば何回かは(稲川 淳二的な意味で)「怖い」経験をするもんだ。

今年の夏も、見えたとか、遭遇した、とかそういう直接的なものではないのだが、後からじわじわと効いて来るいや~な経験をした。

それは、先月の出雲旅行で松江のホテルに一泊した時のことだ。

夜、ベッドに腰掛けてテレビを見ていた。ちょっと酔っていたこともあり、音声が聞き取り難く感じて、リモコンで音量を上げようとした。昼にチェックインした時の記憶ではこの部屋は角部屋だったはずだ。テレビの画面が向いている方、つまりベッドの設置された側の壁の向こうは「外」なのだ。それならある程度音量を上げても大丈夫と考えた。

音量を上げた直後だった。

ベッドに腰掛けていた私の後ろから「コツコツコツ」と壁を叩く音が響いた。

いけねぇ、角部屋じゃなかったか、と慌てて音量を絞る。じっと息を殺すと「隣」の気配が伝わってくるような気もする。あちらさんも反応を窺っているのであろうか。

その後しばらくは小さな音でテレビを見ていたが、興を削がれたこともあり見る気は失せてしまっていた。旅の疲れもあったので、その夜はそのまま「静かに」就寝した。

翌朝、朝食のために部屋を出る時に確認すると、

隣に部屋は無かった。

|

« 11万アクセス超え | トップページ | 東北三昧 秋田編 Part.1   »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/49272894

この記事へのトラックバック一覧です: 何だったんだ:

« 11万アクセス超え | トップページ | 東北三昧 秋田編 Part.1   »