« 水木先生、ゲゲゲ展に現る! | トップページ | 東北三昧  青森編 Part.2 »

2010年8月19日 (木)

東北三昧  青森編 Part.1

人生3回目の青森ねぶた体験である。

1回目は2008年。強烈なインパクトだった。一発で魅せられた。http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2008/08/post_22a2.html

2回目は2009年。雨のねぶたは残念だったが(それはそれで得がたい経験ではあった)、帰りに寄った八戸の三社大祭が素晴らしかった。いや青森(東北)は予想以上に奥が深い、もっともっと知りたいと思った。このことがその後の恐山詣でや今年の三大祭巡りに繋がっていったのだ。その時の旅行記「青森の夜」はこちらから(長いよ~)

Part.1 http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2009/08/part1-e744.html
Part.2 http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2009/08/part2-2127.html
Part.3 http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2009/08/part3-c3fe.html
Part.4 http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2009/09/part4-5c19.html

そして今年の旅である。更なる奥深さに触れることができたであろうか。

青森に着いたのは8月5日(木)昼過ぎ。祭りの日程的には最終日の3日前、今晩から大型ねぶた中心の本格的運行になる。3度目となるとさすがに祭りの段取りは分かっているので気持ち的に余裕もある。昨年と同じ食堂「食事処おさない」で遅い昼食(ホタテの貝焼きみそ定食、旨し)をとった後、1回目と同じ場所に観覧席をキープしてホテルにチェックイン、夕暮れまで一休み。

しかし暑い。蒸し暑い。外にいるだけで消耗する。どうやらこの時期は関東よりも東北の気温が高めだったようで、これからの三日間の体力がちと心配になる。

さて、ねぶたの開始は完全に日が落ちてからになる、この日は7時10分過ぎのスタートだった。まだ明るいうちにホテルを出て運行コースを巡ってみた。次第に人々が集まり始め会場の雰囲気も盛り上がってくる。このわくわくする感じが好きだ。

GXR+P10Rimg0923_2

次回Part.2( http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/08/part2-0d9b.html)に続く。

|

« 水木先生、ゲゲゲ展に現る! | トップページ | 東北三昧  青森編 Part.2 »

カメラ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/49195919

この記事へのトラックバック一覧です: 東北三昧  青森編 Part.1:

« 水木先生、ゲゲゲ展に現る! | トップページ | 東北三昧  青森編 Part.2 »