« スペイン優勝記念 エル・カミニート・デル・レイ(El Caminito del Rey)「王の小径」で下腹部キュウ↑ | トップページ | GRDⅢ 「街猫」 二人乗り? »

2010年7月13日 (火)

ゲイリー・シャイダー(Pファンク)56歳で死去

6月16日に亡くなったそうだ。今日まで知らなかった。昨年のライヴでは急激に老けた印象はあったのだが・・・

CDJournal.com http://www.cdjournal.com/main/news/-/31848

まだ56歳だったんだ。今までずっと年上かと思っていた。私と同世代か。だからこそエディ・ヘイゼルと共に70年代P-FUNKにロックやソウルの同時代的要素を持ち込むことが出来たのだろう。P-FUNKへの音楽的貢献度は重要かつ多大だったのだ。さらにライヴ・パフォーマンスにおいてはジョージよりも(なんでもありの)P-FUNKを象徴する人物でもあった。歌もギターも一流、そしてなによりもあのオムツ姿が強烈な印象を残した。

ああ、そうか天国でエディと,再会できるのか、グレン・ゴインズもいるしな。

ご冥福を祈ります。

個人的にはパーラよりもファンカなのだ。そこから一枚選ぶとするとこれかな。数あるファンカデリックのアルバムの中では一番ギターが前面に出ている作品だ。特にライヴ版『Cosmic Slop』でのリードギター2本の絡みが素晴らしい。ゲイリーのギタープレイには強い自己主張は無いけれど、全体のアンサンブルの中では常に「要」となる安定した存在感があると思う。

|

« スペイン優勝記念 エル・カミニート・デル・レイ(El Caminito del Rey)「王の小径」で下腹部キュウ↑ | トップページ | GRDⅢ 「街猫」 二人乗り? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/48871575

この記事へのトラックバック一覧です: ゲイリー・シャイダー(Pファンク)56歳で死去:

« スペイン優勝記念 エル・カミニート・デル・レイ(El Caminito del Rey)「王の小径」で下腹部キュウ↑ | トップページ | GRDⅢ 「街猫」 二人乗り? »