« 高幡不動は中高年パラダイス(オレ含む) | トップページ | 招福猫児(まねぎねこ)だらけ »

2010年6月20日 (日)

(前回の続き)思い出したのは豪徳寺

昼飯食いながら考えた。

京王線の下高井戸駅で世田谷線に乗り換えてみるのも一興かなと。

世田谷の太子堂に母方の実家があったことで子供の頃から慣れ親しんでいた玉電(現在は三軒茶屋~下高井戸間のみ世田谷線として運行中)とその沿線だが、下高井戸方面で馴染みがあるのは若林辺りまでで、それから先はあまり訪れた記憶がない。

沿線の豪徳寺には確かに行った事があるはずだが、ほとんど忘却の彼方だ。あれは従兄弟たちと自転車で行ったのだろうか、あの辺りの道は迷宮のように複雑で苦労して辿り着いた印象が漠然とある。

で、下高井戸駅(京王線)から世田谷線に乗り換えるのも、桜上水でバイトしていて頃に給料日にバイト仲間と三軒茶屋まで飲みに行って以来36年振りだし、この際久々に豪徳寺でも行ってみるかと思いついたわけだ。

Rimg0290 世田谷線とその沿線は予想していたよりも色濃く「玉電」の雰囲気を残していた。元々住宅地を走る路線なので木造建築が減ったぐらいで町並み自体に大きな変化がないせいだろう。のんびりと静かな郊外のイメージもある。商店街も三軒茶屋を除けば大きな商業施設は皆無だし地元密着の人間味を感じさせる。

豪徳寺はそんな環境の中でなかなか趣のあるお寺さんだった。歴史を感じさせる重厚さとともに庶民的な親しみ易さもある境内は心が安らぐ場だ。

そして「親しみ易さ」ということで言えば、やはりこれ。

どどーんRimg0266a

ま、正直言って、実はこれ目当てなのだが。

次回、「猫だらけ」(仮題)に続く。

世田谷線wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%80%A5%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E7%B7%9A

|

« 高幡不動は中高年パラダイス(オレ含む) | トップページ | 招福猫児(まねぎねこ)だらけ »

カメラ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/48683517

この記事へのトラックバック一覧です: (前回の続き)思い出したのは豪徳寺:

« 高幡不動は中高年パラダイス(オレ含む) | トップページ | 招福猫児(まねぎねこ)だらけ »