« 本日機能停止状態 | トップページ | 時は無常なり、カラスも登場 »

2010年6月28日 (月)

補完される記憶

前回http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2010/06/post-20c9.htmlの続き。

松陰神社にお参りした後、三軒茶屋に出てみることにした。ここまで来ればさすがに道には迷わない。程なく三軒茶屋到着。

と、目の前に養老の滝出現。ここはとりあえずビールだな、と軽く一杯。生き返る。

さてどうするか。今年1月のライヴ開催以降すっかりご無沙汰だったComeTogetherhttp://www.cometogether.jp/toppage/index.php)にでも行ってみるか。でもあそこは6時半から営業、今何時だ、6時前か。どこかで時間を潰さなきゃ。

そうだ。母方の実家が先祖代々檀家であった太子堂の聖王山法明院圓泉寺(円泉寺)にいってみるか。たまにはご先祖の墓参りもしておくのも悪くない。

以前にも書いたが、母の実家は昔はこの一帯を代表する旧家であった。今でも実家と同じ名字は近隣に多い。戦後はご他聞にもれず土地も家も次第に縮小され、最期は全て失われてしまったのだが。それでも子供の頃は旧家然とした門構えの家屋と大祖母が健在であった。一族全員で餅つき等の季節の恒例行事をした広く長い縁側と庭、それなりに自給自足が出来た畑や鳥小屋、そして大勢の叔父や叔母とその子供(いとこ)達・・・自分の原風景として重要な位置を占める体験と記憶を残してくれた。

実家があった場所まで子供の頃の記憶を頼りにあえて裏道を選び進んでみた。地形的には最も強く記憶に残る烏山川が暗渠になって「烏山川緑道」と化してはいたがそれでも記憶が生々しく甦る。

ああっ!思い出した。

子供の頃に従兄弟等と自転車で若林や松陰神社そして豪徳寺辺りまで冒険したのはこの烏山川を辿ると何処に行き着くのかという強い好奇心のせいだったのだ。

実は、豪徳寺周辺で迷った時に「烏山川緑道」に偶然行き当たり強い既知感を覚えていた。ここを行けば正しいほうに導かれるという根拠無き閃きがあった。だがその時は(正解と信じていた)世田谷線から更に大きく逸れるような気がして選ぶことはなったのだ。

記憶って面白いなぁ。今こうして書いていて補完されることもあるし、いやいや刺激になるわ。

今回はここまで。結局終わらず。カラス(「烏」)は出てきたけど、敵は本当の烏なのだ。次回いよいよ登場予定。

烏山川緑道http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00014275.html

|

« 本日機能停止状態 | トップページ | 時は無常なり、カラスも登場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/48748579

この記事へのトラックバック一覧です: 補完される記憶:

« 本日機能停止状態 | トップページ | 時は無常なり、カラスも登場 »