« 補完される記憶 | トップページ | ご先祖に何てことを »

2010年6月29日 (火)

時は無常なり、カラスも登場

昨日分の続き。

実家に向かう道にはまだ昔の面影を色濃く残す景色も僅かながらあったが、ほとんどはすっかり様変わりしていた。特に母の実家のあった辺りの変貌は激しい。今年の初めにかっての実家の敷地内に最後まで残っていた親族が立ち退いてしまい(今は更地になっている)、とうとう縁も所縁もない場所になってしまった。本家の跡地にはマンションが建っている。そのマンションの住民が、かって同じ土地の上で喜怒哀楽の人生を生きた人々のことに想いを馳せることはまずないだろう。

それが正しい。だからこその人の世だ。

ただ無常は感じる。

それが歳を重ねるということかもしれない。

さて目的の円泉寺はその実家跡からすぐ近くだ。親族の法要で子供の頃から何度も訪れたことがあり(そして子供たちには良い遊び場でもあった)馴染みが深い。

円泉寺HP http://www.kotobuki-p.co.jp/jiin/ensenji/index.htm に拠れば、その草創は南北朝時代まで遡るということだ。そんなに歴史があるとは知らなかった。黄昏時の境内には長い時の流れの中に積み重なった(そして忘れられていく)寺縁の人々の想いで満ちているようだ。どこか時間の止まったような趣を感じさせる。

墓参りにはうってつけの雰囲気といっても良い。

ただね、黄昏時は逢魔ヶ時でもあったのだ。いたんだよ、「魔」が。

俺が境内に入った時からうるさく鳴いている2羽のカラス。最初はそれほど気にしていなかったのだが、墓地内に入ってから明らかに自分に対しての威嚇もしくは警告で鳴いていることに気づいた。墓所内に彼らの縄張りがあるのだろうか。ひょっとして巣?雛?どうやら彼らが巣に帰還する時間に重なってしまったようだ。

続く。

|

« 補完される記憶 | トップページ | ご先祖に何てことを »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/48756085

この記事へのトラックバック一覧です: 時は無常なり、カラスも登場:

« 補完される記憶 | トップページ | ご先祖に何てことを »