« アクセス90000回超え | トップページ | Perfume「パッと楽しく遊ぼうの会」ライブハウストゥワー@ZeppTokyo 2010.3.16 »

2010年3月15日 (月)

ヴァシュティ・バニアン@六本木Billboard Live TOKYO 2010.3.15

Top_07177今回の来日公演はモロ氏(仮名)の招待で観にいった。アーティストの名はヴァシュティ・バニアン、数年前に「ストレンジデイズ」か「レココレ」だったかで『伝説のシンガー、30年ぶりの新作』みたいな内容の記事で紹介されていて興味を持ち(うろ覚えではあるが)記憶に残っていた名前ではあった。その時は実際に彼女の音楽を耳にするまでには至らなかったのであるが、多少の興味は継続していたのでお誘いを喜んでお受けしたのだ。

その音楽はジャンルでいえばフォークということになるが、いわゆるトラッド的な要素はほとんど無い。非常にパーソナルな世界をせいぜい2、3メートル四方の空間(四畳半?)で語りかけるようなスタイルである。だから必要以上の声量や明瞭さはいらないということなのだろう、終始うつむき加減でつぶやくような歌唱であった。

これは聴き手を選ぶ。

確かに誠実で繊細な音楽ではあるが、せっかくのアコースティック主体の丁寧なアンサンブルもおざなりのPA環境のせいで楽器本来の音の豊かさが伝わってこない。かといって、歌やメロディーに突出した魅力があるわけではない。どこに焦点を絞って味わえば良いのか戸惑っているうちに終了してしまった(おかげで睡魔に襲われることは無かったが)。

でも不思議と後味は悪くは無い。

それなりの再生環境で『個人的に』向き合って聴けば魅了される可能性もありそうだ。そうか、彼女は長い期間家庭や家族がその世界の全てだったわけだからその唄を届けさせようと思う距離感はおのずと限定されるのかもしれないな。子守唄やあやし唄として考えれば最高の唄声かもしれないし。

モロ氏、今回もありがとうございました。

|

« アクセス90000回超え | トップページ | Perfume「パッと楽しく遊ぼうの会」ライブハウストゥワー@ZeppTokyo 2010.3.16 »

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/47824942

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァシュティ・バニアン@六本木Billboard Live TOKYO 2010.3.15:

« アクセス90000回超え | トップページ | Perfume「パッと楽しく遊ぼうの会」ライブハウストゥワー@ZeppTokyo 2010.3.16 »