« BIOSHOCK 涙のエンディング | トップページ | アメリカでのPerfume人気 »

2010年3月 5日 (金)

没後400年 特別展 長谷川等伯

等伯を開催中の東博に行ってきた(一応シャレです・・・)。

公式ホームページ)http://www.tohaku400th.jp/

2年前にこの展覧会の情報を知った。 http://waretadataruwosiru.txt-nifty.com/blog/2008/01/post_4bc2.html

その時はまだまだ先の話だと思っていたが、気が付いたら開催中だ。月日の経つのはなんと早いことか。

「松林図屏風」など何点かの著名な作品を除けば紹介される機会が非常に少ない長谷川等伯の作品である。まして現物をこの目で見れる機会などもうこの先二度と無いかもしれない。だから非常に楽しみにしていた。ただ不安もあった。紹介される機会が少ないということはその他の作品の質が落ちるからではないかと。

杞憂であった。

期待通りの素晴らしい内容だった。鑑賞後、時間が経つほど思うことがいろいろ出てくる。今一度確認したいこともある。図録を買っておけばよかったなぁ。短い開催期間(~3月22日)だがもう一度行かざるを得ないな、これは。

ちょうど良いタイミングで3月7日(日)朝9時からのNHK教育「日曜美術館」で特集がある。 http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2010/0307/index.html

具体的な感想は後日。

|

« BIOSHOCK 涙のエンディング | トップページ | アメリカでのPerfume人気 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/47737062

この記事へのトラックバック一覧です: 没後400年 特別展 長谷川等伯:

« BIOSHOCK 涙のエンディング | トップページ | アメリカでのPerfume人気 »