« Perfume『ポリリズム』全部俺の声【オレリズム】 | トップページ | ボブ・ディラン @ ZEPP TOKYO 2010.3.28 »

2010年3月27日 (土)

龍馬伝 第12話「暗殺指令」

久坂玄瑞(やべきょうすけ)が良かった。生瀬版吉田松陰のハイテンションな「狂」ぶりをそのまま引き継いでいた。まさにあの師にしてこの弟子あり。なぜ攘夷なのか?という龍馬の問いに、これ以上は無い判りやすさで答える場面は説得力抜群だった。これなら長州藩が藩を挙げて攘夷に向かっていくのも分かる。観念的で独善的な「攘夷」ではとても藩の総意になるはずはないからな(それにつけても武市半平太よ)。

土佐藩はいよいよ臨界点に達してしまったようだ。次回から「非常に単純で即効力のある解決方法」が何よりも優先される時代に入ってしまうのか。

後藤象二郎の立ち位置が面白い。史実としても今後の弥太郎や龍馬に裏に表に絡んでくる人物ではあるし、あの傲慢さや刹那的な暴力性をこれからは(表向きは)抑えていくのだろうけど、実は裏では常に持ち続けているようなキャラであってくれたら最高なのだが。青木宗高のギラギラ感とあのキックのインパクトは彼にしか出せない持ち味だと思う。2chの大河版でさっそく「最強ケンカキックの後藤象二郎」というスレが立ったのには笑ってしまった。

|

« Perfume『ポリリズム』全部俺の声【オレリズム】 | トップページ | ボブ・ディラン @ ZEPP TOKYO 2010.3.28 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/47928935

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第12話「暗殺指令」:

« Perfume『ポリリズム』全部俺の声【オレリズム】 | トップページ | ボブ・ディラン @ ZEPP TOKYO 2010.3.28 »