« Perfume - ナチュラルに恋して PV | トップページ | お彼岸 »

2010年3月20日 (土)

龍馬伝 第11話「土佐沸騰」

吉田東洋の存在感が凄い。画面に登場するだけでドラマの空気が変わる。長い説明的な台詞はほとんど無いのにその眼光と佇まいだけで東洋という人物を雄弁に物語っている。演ずる田中泯は役者が本業ではなく著名な舞踏家であるのだが、なるほど、身体の隅々まで『意思』の力でコントロールする表現力に並みの役者が敵うはずは無い。逆に共演者が優れた役者であればあるほどその存在が際立つ。だからこその「龍馬伝」出演なのだろう。他者の演技(仕事)に刺激を受け合い、触発されて、より良質なものを作り出そうという現場の空気がこのドラマを特別なものにしている。たまにあれ?と思うときもあるが

田中泯 公式サイト「私は地を這う前衛です。http://www.min-tanaka.com/

そうそう後藤象二郎役の青木崇高、良い役をもらったじゃないか。まだ台詞も出番も少ないけれど田中泯との共演場面にも違和感無く存在していて頼もしい。次回以降の東洋暗殺前後の流れの中で重要な役割を果たす象二郎であるがどう演じてくれるか楽しみだ。

青木崇高 公式ブログ「新・堕落論http://stardust-blog.net/aokimunetaka/

役者は「普通」ではやはり勤まらないな、と感じさせる個性的なブログだ。ガロ系を髣髴させるイラストが良い。

|

« Perfume - ナチュラルに恋して PV | トップページ | お彼岸 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/47866534

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬伝 第11話「土佐沸騰」:

« Perfume - ナチュラルに恋して PV | トップページ | お彼岸 »