« 中春こまわり君「塩田・その5」    人間のすり身でチクワを作るのは法律違反だぞ! | トップページ | ボブ・ディラン 追加公演 »

2010年2月11日 (木)

とめはねっ! 鈴里高校書道部    最終回「鈴里書道部の絆」

終わっちゃた。楽しみがひとつ減ってしまったのは残念だ。

51ld1ndqcl__sl500_ 何度も書いているが、かなりのベタな展開にもかかわらず必要以上にウェットになりすぎなかったところがひねたオヤヂでも最後まで楽しめた要因だと思う。それは原作の持つテイストでもあるのだけど。互いにがんばれがんばれと熱血するのではなく、一人一人が自らの立ち位置やすべき事に自覚的になれば自ずと結果が生まれる、という方向性が非常に好ましい。「がんばれ」と言われても何のために何をすべきか本人に自覚がなければねぇ、自覚があればあるで鬱陶しかったり反発したり、難しいのものなのだ。

バス停に皆が送りにくる演出を避けたラストのあっさり具合も良い。人生でどんなに大きなイベントがあったとしても、終わってしまえばそれぞれの日常生活が以前と地続きで繰り返されるだけなのだから。むしろ独りの旅立ちが(「用事」があった緑は来たが)、転向する主人公はじめ書道部員らのこれからの物語を想像させる余韻を残してくれたと思う。

書道パフォーマンスは「なんだかなぁ、恥ずかしいなぁ」と見ていたくせに、気がつけば目から水が出ているではないか。忌野清志郎がいかん、サザンもそれほど好きじゃないのに・・・スタッフの思うツボだな。

|

« 中春こまわり君「塩田・その5」    人間のすり身でチクワを作るのは法律違反だぞ! | トップページ | ボブ・ディラン 追加公演 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/47545500

この記事へのトラックバック一覧です: とめはねっ! 鈴里高校書道部    最終回「鈴里書道部の絆」:

« 中春こまわり君「塩田・その5」    人間のすり身でチクワを作るのは法律違反だぞ! | トップページ | ボブ・ディラン 追加公演 »