« 龍馬伝 第6話「松陰はどこだ?」 | トップページ | ギター 45 Jeff Beck & Imelda May tribute to Les Paul - How High the Moon »

2010年2月 8日 (月)

猫だらけ 猫飼好五十三疋

いつまでも正月気分で今年の干支(寅)を掲げているのも何なんでタイトルバナーを変えてみた。

北斎と並んで大好きな浮世絵師歌川国芳の(猫好きとしての)代表作「其のまま地口 猫飼好五十三疋」だ。E0c56004_2

タイトルバナーとしてはちょっと大きすぎだし、しかも細かすぎかな。でも細部を見るとものすごく楽しい絵なのだ。もっと大きなサイズはこちらでどうぞ。

http://image.blog.livedoor.jp/ogitetsu/imgs/e/0/e0c56004.jpg

東海道五十三次の宿場町名を地口(ごろあわせというか駄洒落みたいなもの)で猫の仕草として描いたものなのだが現代人にはちと判り難いところもある。で、ニコニコ動画のこれを紹介。

浮世絵に興味を持ったらいきなり歌麿や北斎に行くよりも国芳辺りから入ったほうが良いかも。粋やいなせの美学を貫く生まれついての江戸っ子ではあるが、驚くほどの近代的感性の持ち主でもあるし、門人たちにも芳幾、芳年等優れた絵師が多い。川鍋暁斎も師事していた時期がある。明治時代ではあるがこの辺りの絵師もいいのだよ。

昨年の春にロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで開かれた「KUNIYOSHI」展がかなりの人気を集め今春はニューヨークでも開催されるのだが、実は府中市美術館でも3月20日から国芳の展覧会があるのだ。こういうところが版画作品の良いところ。詳細はこちら。

歌川国芳 奇と笑いの木版画 http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/kuniyoshi/index.html

機会が合ったらぜひご覧になってください。

|

« 龍馬伝 第6話「松陰はどこだ?」 | トップページ | ギター 45 Jeff Beck & Imelda May tribute to Les Paul - How High the Moon »

ネット動画」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/47520082

この記事へのトラックバック一覧です: 猫だらけ 猫飼好五十三疋:

« 龍馬伝 第6話「松陰はどこだ?」 | トップページ | ギター 45 Jeff Beck & Imelda May tribute to Les Paul - How High the Moon »