« ボブ・ディラン 追加公演 | トップページ | 龍馬伝 第7話「遥かなるヌーヨーカ」 »

2010年2月13日 (土)

山上たつひこ『快僧のざらし』下巻 山の中でも町の中でもよいものはひとつ(by陽念)

61gmtemakl キャラが勝手に動き始めた下巻では上巻以上にたがが外れて少年誌コードギリギリの暴走状態に突入。のざらしが女だったり、あそこにウロコがはえたり、即身仏だったり、地獄だったり、おまけにつるはしがけつに刺さったり(このシーンは田村信ぽい)等々、どれも強いインパクトを残してくれたのだが、特に凄いのが連載最終回の『悪行ばかりはやめられぬっ!?』だ。

これ少年誌掲載だよなと当時も驚いたもんだが、これはとんでもない最終回だ。30年以上たっているのに、読み返してみれば細部までほぼ記憶どおりという強烈な印象を自分に残した。中でも陰念登場の場面が良いのだ。さだまさしの引用には今も笑ってしまうし、「わしもこれからはしゃごうと思う」のセリフと絵はこのシリーズで一番好きなコマかもしれん(変態ですな)。

ところで、一連の山上作品復刻もこれで一段落という気配がするのだがどうなんでしょう?例の半田溶介シリーズ(含む鋼鉄男)や金瓶梅、あと少年チャンピオン80年代掲載作など、ニーズはあるが「問題」のある作品や秀作なのだがニーズがない作品はもう再び世に出ることはないのかな。これで山上本人までもが休筆状態に入ってしまって新作も読めなくなったら・・・いやいや、それはないと信じたい。

|

« ボブ・ディラン 追加公演 | トップページ | 龍馬伝 第7話「遥かなるヌーヨーカ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

山上たつひこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/47562139

この記事へのトラックバック一覧です: 山上たつひこ『快僧のざらし』下巻 山の中でも町の中でもよいものはひとつ(by陽念):

« ボブ・ディラン 追加公演 | トップページ | 龍馬伝 第7話「遥かなるヌーヨーカ」 »