« ライヴ終了 | トップページ | とめはねっ! 鈴里高校書道部   第3回「夢の書道甲子園」  »

2010年1月24日 (日)

大相撲初場所千秋楽

もともと神事でもあるわけだから当たり前だが大相撲は『ハレ』の空間、つまり祭礼だなと改めて実感した。一瞬で勝負が決まる取り組みに集中する瞬間と連れと会話(ほとんどバカ話だが)を楽しむ緩やかな時間、その緩急のリズムが時間の経つのを忘れさせるようだ。昼から見始めたのに5時間弱の時間があっという間に経ってしまった。

正直なところ疲れもたまっていたし気持ち的にも落ち込んでいたところがあったのだが、観終わってみれば非常に晴れやかな気分になれた。特に優勝力士朝青龍の屈託のない笑顔は最高の癒しになった。彼の行動や言動について賛否があるが、私自身は彼がいるからこそ相撲への興味が持続している。たとえ相撲が神事だとしても神々の世界にも悪戯でやんちゃな人間臭い神様がいるわけだし、多様性があるからこそ神話の世界(相撲の世界)を魅力的にしているのだ。万事を一つの型に嵌めようとすること自体に無理があると思う。

今回、表彰式で都知事賞授与の時、知事の代理人が朝青龍に向かって「品格を持って欲しい」みたいなことを伝えていた。たぶん石原都知事に言わされているのだろうが、勝者を称える表彰の場でこういう発言をすること自体に品格が問われると思うが、どうか。

ところで、テレビでは放送されない千秋楽締めの一部始終を見ることが出来たのは興味深く嬉しかった。中でも最後の最後、「神送りの儀式」には驚いた。これは大相撲初日の「神迎えの儀式」によって土俵に降ろした神を再び天に送り返すという儀式なのだが、この『天に送り返す』という方法が、なんともユニークというか、そのままというか・・・つまり、御幣(神の象徴)を持った行司を胴上げで天に放り返すという豪快な方法なのだ。もちろん天まで届くはずもなく行司は再び地に戻るのだけどね。それがちょっとユーモラスな光景で、館内に笑いも起きていた。というか笑うなという方が無理です。

最後は国技館から優勝パレードに出発する朝青龍を見送って大相撲初場所千秋楽観戦が終了。モロ滋賀氏(仮名一部変更)、チケットの手配ありがとうございました。

|

« ライヴ終了 | トップページ | とめはねっ! 鈴里高校書道部   第3回「夢の書道甲子園」  »

エンターテイメント」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/47385676

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲初場所千秋楽:

« ライヴ終了 | トップページ | とめはねっ! 鈴里高校書道部   第3回「夢の書道甲子園」  »