« 小林繁氏 死去 | トップページ | 訃報  »

2010年1月18日 (月)

野川

前世紀後半(表現が大仰だな)、武蔵小金井に住んでいた。都合7~8年程になるから決して短い期間ではないのだがあまり良い思い出はない。名ばかりの管理職になった自分が会社のような組織的社会には向かないということ嫌というほど思い知らされた時期でもあったせいだが。ただ、武蔵野という地理的なロケーションは決して嫌いではなかった。自転車、もしくは徒歩でも、少しの好奇心と体力さえあれば、幾らでも心的満足感が味わえる地理的(歴史的)条件に溢れていた環境であったからだ。

その武蔵野の魅力を代表するものの一つが野川周辺だろう。武蔵野の台地(ハケ)から湧き出す泉に端を発するこの川は、その周囲の住民や自治体によって野川周辺の生態系に無理が生じない状態で保存する努力がされ続けている。護岸工事や洪水対策など人工的は構造物は自然との調和が最優先で検討され実施されているようだ(と信じたいのだが、下流の多摩川合流地点の東京都水道局の大胆な工事ぶりを見ると疑問)。

で、今さらなぜ野川かというと、正月に義妹が最近のウォーキング・コースにしているという話を聞いたからだ。一挙に思い出したのだ、あの頃の孤独ではあったがそれなりの出会いや発見があった野川散策をね。

ということで行ってきました、朝一で。

夜明け直後、地面も川面もバリバリに凍っている。009

少し明るくなってきた。010

見てわかると思うが周辺に大きな建物がほとんどない。東京ということを一瞬忘れる空間だ。

深大寺辺り。012jin

そして多摩川合流地点。015_2

|

« 小林繁氏 死去 | トップページ | 訃報  »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。
随分前にコメントしてました。

野川は、わたしも大好きな場所です。
こういうところがあるなら、東京に住んでもいいなと思ったくらいで。

ぶらり散歩するのが、とてもいいですよね。空も広くて・・・
空が広い、という点では、とても東京的な場所ともいえるのでしょうけれども。

投稿: yuri | 2010年1月18日 (月) 23時32分

yuri 様、覚えてますよ。
コメント、ありがとうございます。

歩き始めて気が付いたのですが
野川周辺は基本的に住宅地で、
最寄りの駅がありません。
結果、気がついたら二子多摩川まで歩く羽目になってしまいました。
体力的には問題が無かったけれど、正直足がメチャ痛いです。

それでも懲りずに春になったらまた行きたいな、と思っております。

投稿: kussy | 2010年1月19日 (火) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/47331134

この記事へのトラックバック一覧です: 野川:

« 小林繁氏 死去 | トップページ | 訃報  »