« 山上たつひこ『快僧のざらし』上巻 乳!!おしり!!太モモ!!昇天!! | トップページ | まる(ネコ)CM登場 »

2009年12月13日 (日)

鈴木祥子@新宿JAM 2009.12.13

鈴木祥子「SHO-CO-SONGS collection 3」発売記念ツアー(といっても東京・大阪公演だけだが)の露払いというか公開リハというか、新宿の老舗ライブハウスJAMで行われたスペシャル・ギグに行ってきた。サポートには元シネマの一色進率いるジャック達から一色(G,Vo)、宙GGP木原(G)、夏秋文尚(Dr)、そして朋友かわいしのぶ(B)と、確実なテクを持ちながらも決して職人的なバッキングに甘んじない、バンドサウンドの中でもそれなりに自己主張はしっかりする個性の強い面々が参加。

そう、今回はツアータイトルに『れっつ ROCK THE NIGHT TOGETHER』ともあるように鈴木祥子のロックサイド全開のライヴになるのではと予想していたのだが、近年のエモーショナル(情念系?)なそれではなく、いわゆるロックパーティー的なノリで終始笑顔の絶えない楽しい内容であった。小さなライヴ空間で気心知れたバンドメンバーに囲まれ、肩の力も抜けまくって、がらっぱち祥子もところどころ顔を見せ(最近ライヴに行って感動したというYAZAWAの影響丸出しのはしゃぎっぷりも含め)まさに絶好調である。まぁ、大きなライヴ空間でもほとんど変わらないとは思うけどね。

しかし、人の楽しみ方は千差万別であるし、きっとそれぞれ満足度も高く十分に楽しんでいるのであろうが、全体にお客さんの反応が大人しいというか遠慮深いのだ。これは決して批判的な意味ではないが・・・汗をかかない満員のライヴハウスというのも珍しいなと思ってね。演奏者にお客さんの満足の笑顔が届き、静かだが熱く誠実な反応があればそれで十分なのかもしれないが、もっと積極的になって一体感を求めても良いのではないか。

だって『れっつ ROCK THE NIGHT TOGETHER』だぜ。

個人的には、彼女を初めてロック・ミュージシャンとして認識し愛聴したバンド指向の強いアルバム「SNAPSHOTS」(1995)からの曲を多く歌ってくれたのが嬉しかった。

|

« 山上たつひこ『快僧のざらし』上巻 乳!!おしり!!太モモ!!昇天!! | トップページ | まる(ネコ)CM登場 »

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/47018773

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木祥子@新宿JAM 2009.12.13:

« 山上たつひこ『快僧のざらし』上巻 乳!!おしり!!太モモ!!昇天!! | トップページ | まる(ネコ)CM登場 »