« 80.000回のご挨拶 | トップページ | 「七人の侍」は最高の食育映画  宇多丸×福田里香 »

2009年11月21日 (土)

パンチの効いたブルース      @西荻窪Terra 2009.11.19

もうホーム・グランドと言っても良いだろう西荻窪Terraで今年最後のライヴ。そのせいもあってか終始リラックスした緩い雰囲気、まぁいつものパンチといったらパンチなのだが、少々緩すぎた気がしないでもない。演奏以外の部分がちょっと長過ぎた。曲間の楽屋落ちのMC(スケジュール帳のネタ)も最初は面白かったけどちょっとひっぱりすぎだ。せっかく最高の演奏で良い感じになった客席の雰囲気を曲ごとに断ち切っているような気がして残念だった。とはいえ、「加藤さんのテーマ」「舟歌」「「地域マンボ」と、ラスト近くの怒涛の畳み込みはさすがで、それまでの個人的な感想のマイナス部分を見事にチャラにしてしまったのであるが。

でも、やっぱりもっと曲を聴きたかったなぁ。

パンチの対バンは毎回何故かStrangerという京都のバンド。登場部分でBGMにボブ・ディランを流したり、ブルースっぽいアプローチがあったりと、少し音楽性が変化したようだ。悪くないとは思うけど、ステージ態度はいただけないなぁ。全体にオモシロくなさそうなツラなのは仕様ですか?この客層は自分たちに合わないという気持ちがはっきりと見て取れて失笑するしかない。特にギター、酔っぱらいすぎだろ。でも、最後の曲は良かったな、この方向性をもっと活かせば・・・。

|

« 80.000回のご挨拶 | トップページ | 「七人の侍」は最高の食育映画  宇多丸×福田里香 »

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/46827143

この記事へのトラックバック一覧です: パンチの効いたブルース      @西荻窪Terra 2009.11.19:

« 80.000回のご挨拶 | トップページ | 「七人の侍」は最高の食育映画  宇多丸×福田里香 »