« ホロヴィッツ 星条旗よ永遠なれ | トップページ | 死んだら地獄へいくよ。       「東京観音」荒木経維 杉浦日向子 »

2009年11月17日 (火)

高尾山再び

今秋三回目。今回は私の話を聞いて行く気になった知人が一緒だ。麓からの登山は一回目でいやというほど堪能したので、上りはリフトを躊躇なく使用することにした。014_3 これ、下に網が張ってはあるけど結構高いところを通るのだ。高所に弱い方にはお薦めしません。前を行くM氏もビビり中。

曇りがちではあったが午後からは晴れ間ものぞきまずまずの行楽日和。適度な肌寒さがハイキングにはちょうど良い。

まだ完全な紅葉ではなかったがそれもまたよし。017_2

2日前の雨で地面が滑ると思い履き慣れたスニーカー(裏が摩耗でツルツル)での前2回と違う新しい靴を今回は履いていたのだが、これがかなり疲れる原因になった。街歩きではちょうどいいフィット感が山歩きではキツ過ぎた。うっ血した足が痛みに敏感になり小石を踏むだけで激痛になる。それをかばうため(バランスを取るため)下半身の筋肉を総動員するので疲労が全身に及ぶ。

途中歩きなれた御年配の方にすいすい追い越されたけど、そういう方ってどんな悪路でも下半身が全くぶれない。見ていると。無駄な力が入っていないのがよくわかるのだ。参考になります。

これは、寒くなり過ぎないうちにもう一度登りに挑戦するしかないな、と。

その前に靴を考え直そう。

|

« ホロヴィッツ 星条旗よ永遠なれ | トップページ | 死んだら地獄へいくよ。       「東京観音」荒木経維 杉浦日向子 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/46793477

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山再び:

« ホロヴィッツ 星条旗よ永遠なれ | トップページ | 死んだら地獄へいくよ。       「東京観音」荒木経維 杉浦日向子 »