« ギター 42                ライ・クーダー/アンソロジー | トップページ | 沖縄の美ら海水族館 »

2009年11月29日 (日)

NHK BShi ハイビジョン特集 激走モンブラン! - 166km山岳レース

地上デジタルの30分番組「NHK ワンダー×ワンダー 」でその一部が放映されたらしいが、今回は90分間完全版での放送である。もっとも地上波での放送の事は何も知らず、たまたまテレビ欄でタイトルに興味を持ち観ることにしたのだ。

これが非常に面白かった。

山岳レース、いわゆる「トレイルランニング」という競技は高低差の激しい山道を走りぬくというアウトドアスポーツである。最近は日本でも競技人口が増えてきているようだ(先日上った高尾山でも「紅葉シーズンの混雑時はトレイルランニングは御遠慮ください」といった看板が出ていた)。その世界最高峰と言われるレースが、明峰モンブランを望むフランス、イタリア、スイスの3国にまたがる全長166Km、累積標高差9400mという過酷なコースを一周する「ウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン(UTMB)」だ。

コース図(フランス語ですが)Utmb_parcours_2009_2

3日間不眠不休で走り続け上位入賞を目指すトップランナーたち、48時間以内のゴール(完走)を目指す一般参加者たち、それぞれが己の体力の限界と精神の葛藤に向き合い、悩み、挑戦していく。いやー、素直に感動した。人間はまだ捨てたもんじゃないな。

70歳で人生最後のレースを完走した男性が影の主役かもしれない。「人間と動物の違いは『精神』だ。『精神』があるから人は挑戦を続ける。」レース序盤に彼が発した言葉だが、レース後半、体力が限界に達した後でもゴールまで完走できたのはまさの彼の『精神』が人であることを証明したということだろう。 「私にはドラマは似合わない」て言っていたけど、そんなことはない。最高にカッコ良かった。

それにひきかえ8ラウンド後の判定結果で明らかに勝利に対する執念が抜け落ちた内藤選手は・・・まぁ。しょうがないか。

|

« ギター 42                ライ・クーダー/アンソロジー | トップページ | 沖縄の美ら海水族館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/46896638

この記事へのトラックバック一覧です: NHK BShi ハイビジョン特集 激走モンブラン! - 166km山岳レース:

« ギター 42                ライ・クーダー/アンソロジー | トップページ | 沖縄の美ら海水族館 »