« Perfume@大阪城ホール2009.10.11 | トップページ | Perfume@横浜アリーナ2009.10.15 »

2009年10月15日 (木)

中春こまわり君「塩田・その一」 

今回はこまわりの主張先、石川県は能登が舞台。したがってこまわり関係で登場するのは奥さんぐらいで、後は新たな(今回だけの)登場人物たちが話を動かしていく。この登場人物たちが相変わらず胡散臭いというか、妙に生々しいキャラ立ちをしていて、物語がどの方向に転がるのか予断を許さない。だいたいのっけに登場し黙々と塩田の仕事をするジジィは何者なんだ。最後の方で登場する素敵なセンスのスーツを着た「保坂水産」社長も非常に怪しすぎる。

山上たつひこには名脇役というか役者のように作品によって役割を演じ分ける定番キャラがいる。今回でいえば「水元漆器店」の社長がそうだ。この顔ですよ、この胡乱な眼をした顔。作品ごとに微妙に違うとはいえ、まともなようでどこか壊れた人物像が身近にいそうなリアリティを生み出していて妙に印象に残る(昔そりが合わなかった出向先の社長にそっくりなんだよな)。そんなキャラたちがこれまたいい具合に歪んだセリフを吐くからたまらないのだよね。

今回はサブタイトルに「前篇」ではなく「その一」と付いているので最終的には中編クラスの作品に仕上がるのだろう。どちらかと言うと山上の小説に近いテイストでこまわりを狂言回しにした外伝的な展開になるのかもしれない。

だいたい予測は外れるのだけどね。

|

« Perfume@大阪城ホール2009.10.11 | トップページ | Perfume@横浜アリーナ2009.10.15 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

山上たつひこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/46498407

この記事へのトラックバック一覧です: 中春こまわり君「塩田・その一」 :

« Perfume@大阪城ホール2009.10.11 | トップページ | Perfume@横浜アリーナ2009.10.15 »