« 姫路城へ | トップページ | Perfume@大阪城ホール2009.10.11 »

2009年10月13日 (火)

関西から無事帰宅

関西は何度か飛行機で訪れていたが、今回ほど天候に恵まれた事はなかったんじゃないか。特に初日の神戸空港行きは名古屋辺りから視界を遮る雲が無くなり始め着陸態勢に入る大阪湾(瀬戸内海)周辺は完全に雲ひとつない晴天状態。
大阪の北から山間を西に進み加古川市上空で左へターンして明石海峡大橋上空を通り、神戸空港沖で再び左へ旋回、空港の東側から着陸というコース、まるでアトラクションを楽しんでいるような素晴らしいパノラマ風景をたっぷりと堪能することが出来た。ほんと幾つになっても飛行機は窓際に限るね。

そんなこんなで観光的には非常に幸先のいいスタートが切れた今回の関西旅行、密度濃く楽しむことが出来たが非常に疲れた2泊3日の旅であった。ま、毎日朝から晩まで(基本的に)歩き廻っていたのだから体力を消耗するのは確かだが。

おいおい今回の大きな目的であった姫路城など印象に残ったことは記していく(もちろんPerfumeは別枠で)。

さて今回大阪宿泊で利用した超格安1泊2500円の今宮の中央ホテルは通天閣で有名な新世界のジャンジャン横町、と言うとピンとくる方もいると思うが、大阪市内でも一二を争うディープな場所のすぐそばにあるのだ(愛隣地区はすぐ眼と鼻の先、根本敬先生の諸作に登場するような『いい顔』の持ち主にかなりの頻度で遭遇する場所でもある)。

若い頃にこの場所を訪れた時は朝から開いている呑み屋(それなりに繁盛している)や路上でリラックスしておられる『いい顔』の方々に深い哲学を感じたものだ。もっとも現在は新世界自体が観光スポットとして人気を集めるようになり以前ほどの濃厚さは薄れてきつつある。中心部周辺では元祖派遣労働者らしき人はほとんど見かけなくなった。あまり近づくなという規制があるのかなぁ。昔は入るのに勇気が必要だった串カツやホルモンのお店が長蛇の列の順番を我慢する必要がある店になっていたのには驚いた。

もちろんホテル自体は一般客用のもので(バス・トイレは備え付けでないにせよ)旅慣れている者であれば何の問題も無い。外人利用客も多かった。なんと言っても各部屋に現地で旅行プランを再検討できるインターネット環境があることが嬉しい(ロビーに備え付けもある)。電車の時間やアクセス方法まで詳細に調べれるし、もう観光ガイド本はいらないな。チェーン展開もしているようだ。和室ならさらに安いぞ。

ビジネスホテル中央グループhttp://www.chuogroup.jp/

しかし、地元の人であれ観光客であれ多種多様な人間模様(自分も含めてね)が観察できるこの地域の最寄り駅の名が『動物園前』というのも味わいがあるな。

|

« 姫路城へ | トップページ | Perfume@大阪城ホール2009.10.11 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/46481748

この記事へのトラックバック一覧です: 関西から無事帰宅:

« 姫路城へ | トップページ | Perfume@大阪城ホール2009.10.11 »