« ギター 35 指 | トップページ | ギター 36 ローリングストーンズ                  Little Red Rooster »

2009年10月 4日 (日)

柴草 玲ソロ「下げマンのほほえみ」 @高円寺JIROKICHI 2009.9.20

この夏に元宝塚の人気女優(男優?)春野寿美礼が『前山にて』をソロ・デビュー曲に選んでくれたおかげで柴草玲という名に興味を持った方も増えたようだ。機会があればライヴも観てみたいと思ってくれた人もいたのではないか。これは新たなファン拡大のチャンスと普通考えるところだろう。

がしかし、さすが柴草玲というか、この露悪的で一見さんお断り的なフィルターのかかったライヴ名「下げマンのほほえみ」は如何なものかと。おかげで(高円寺という場所柄もあるが)彼女のライヴ・パフォーマンスに対する免疫力の高そうなお客さんが集まり、いつにも増して濃い雰囲気になったのは個人的には嬉しかったのだ。そうなのだ、ここ最近のソロやユニットでの活動の延長上にあり総括的な内容のこのライヴで、過去の柴草玲を披露する必要性など全くないわけである。その意味で、『前山にて』を歌わなかったのは大正解、いや、聴きたかったことは聴きたかったかも・・・どっちやねん。

彼女の場合、ピアノを伴奏に歌を歌うというより、曲をピアノと歌で合奏するといった方がぴったりくる。いやむしろピアノの方がむき出しの感情を表現しているところもあり、集中して聴いていると結構疲れるのだ。だから時折はさまれるネタとも本気ともつかないMCが和ませてくれる・・・と思いきや次の曲とともに情念の世界へ真っ逆さま、なんてこともあり油断が出来ないのだが。

定期的活動報告とも言えるアルバムはもう長い間リリースされていないのだが、その代わりに(といってはなんだが)頻繁に更新される彼女のブログがリアルタイムで「メイキング・オブ・柴草玲」を読んでいるみたいで興味深く面白い。日常(現実)と音楽(虚構)の世界がこれほど地続きな人も珍しい。
柴草玲(しばくされい) シル・ヴ・プレhttp://shibakusa.exblog.jp/

当日セットリスト

一部
1、 トンビと旅人
2、 ホテルおぎくぼ
3、 雪
4、 金魚
5、 ツクツクホウシ
6、 ブルーベリー
7、 大人の遠足
8、 ゆるぎない時間(セイコーCM曲)
9、 千代さんの日記
10、しずく 〜それは、にぶい光沢の〜(フェチ新曲)

二部
1、振られフラダンス〜オキナワで二番安いシーサー屋のおじいは言った(ウクレレ)
2、ヒガンバナ
3、指の中
4、うつせみストーリー その8 『恋人』
  〜おやすみ
5、靴の詩
6、レクイエム
7、あんたの冷や汁
8、Blue

〜アンコール
*たたみちゃんのテーマ
*さげまんのタンゴ

何度も披露しているため出会い頭の衝撃では勝負できなくなってきた『さげまんのタンゴ』だが、それでも、いやだからこそか、パフォーマンスとしてのふっ切れ具合が尋常ではなく、いやもうひたすら圧倒された。ちなみに彼女の自称「たたみ」は筒井康隆の小説『怪奇たたみ男』(「俺に関する噂」収録)からきている。興味のある方は是非ご一読を。

42262031_2 

|

« ギター 35 指 | トップページ | ギター 36 ローリングストーンズ                  Little Red Rooster »

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/46399509

この記事へのトラックバック一覧です: 柴草 玲ソロ「下げマンのほほえみ」 @高円寺JIROKICHI 2009.9.20:

« ギター 35 指 | トップページ | ギター 36 ローリングストーンズ                  Little Red Rooster »