« ギター 25                      ライヴは金沢じゃなかった | トップページ | 不忍池 »

2009年7月24日 (金)

陽炎の辻 3 居眠り磐音江戸双紙 12    

BShi先行。

江戸の関係者とのお別れ大会。たくさん出ていたなぁ、よくぞ30分に詰め込んだもんだ。もっとも各人物の背景や性格を我々はとっくに知っているわけで、短い時間の登場でもそれぞれの「思い」は十分伝わってきた。早いテンポでエピソードを繋ぐための比較的あっさりした演出も効果的だったと思う。ただ最後の決闘シーンはあっさりしすぎかな、ああ、そのための居合使いだったのか、あの老刺客役との絡みをもう少し見たかった気もするが。

さて、次回からはいよいよ大団円へ向けて、あの問題やら、あの男との決着やら、心身ともにいろいろと忙しくなりそうな磐音ではあるが、個人的に気になるのは霧子だ。どうなっちゃうのだろう?悲劇的な結末にならなければよいのだが。予告を観ると、オジサンは心配でなりません。

|

« ギター 25                      ライヴは金沢じゃなかった | トップページ | 不忍池 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/45734196

この記事へのトラックバック一覧です: 陽炎の辻 3 居眠り磐音江戸双紙 12    :

« ギター 25                      ライヴは金沢じゃなかった | トップページ | 不忍池 »