« サラリーマンNEO Season4-8 | トップページ | 中春こまわり君「アニーよ銃をとれ」後編 »

2009年6月10日 (水)

ヒメアノール3 古谷実

51pk9m3zbl__ss500_ 「じゃあ オレが一番バカ?」と少しは自覚が芽生えつつも、あいかわらず繰り返される挫折(自己嫌悪)と勘違い(妄想)。前半はそんな安藤の死と再生、いや再生じゃなくてゾンビ化進行のめんどくせぇ展開がイイ具合に楽しませてくれる。

もう俺は年齢的にも経験的にも当事者じゃないから、お話として客観的に笑えるのだ(まあ男の場合、いくつになっても当事者になりうるのだけどね)。

むしろ、ある種のファンタジーのような安藤や岡田の不器用な男たちの物語よりも並行して描かれる森田たちのデッドエンドな状況にリアリティーを感じてしまう。動けば動くほど重い現実に絡みとられる彼らには悲劇的結末しかありえなそうだが、そこに魅かれるのだ。もちろん共感や願望であるはずはないが、怖いもの見たさかな?ここで詳しく分析するつもりはないが、自分の「負」の部分に届くとでも言っておくか。

そしていよいよ並行する二つの物語が交差する時が来たのか、というところで次回に続く。

|

« サラリーマンNEO Season4-8 | トップページ | 中春こまわり君「アニーよ銃をとれ」後編 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/45304441

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメアノール3 古谷実:

« サラリーマンNEO Season4-8 | トップページ | 中春こまわり君「アニーよ銃をとれ」後編 »