« 陽炎の辻 3 居眠り磐音江戸双紙 4 | トップページ | Perfume@代々木体育館 2009.5.10 「オジサンはそれだけが心配です」(ⓒ大本彩乃) »

2009年5月 9日 (土)

人間の認識力の不思議

ネットから拾ってきたのだが、非常に興味深い(出所は怪しいが)。

「こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき
その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく 」

(今日は皆さんお元気ですか?私は元気です。
この文章はイギリスのケンブリッジ大学の研究の結果
人間は文字を認識するとき
その最初と最後の文字さえ合っていれば
順番はめちゃくちゃでもちゃんと読めるという研究に基づいて
わざと文字の順番を入れ替えてあります。
どうですちゃんと読めちゃうでしょう?
ちゃんと読めたら反応よろしく)

そういえば外人名で文字では認識していても発声しようとすると曖昧な名前があるな、フルシアンテとかウィルケンフェルドとかきちんと覚えるまで時間がかかったもの。PCを使うとコピペなど便利な機能があるからその曖昧さのままで済んでしまうということもあるのだけど。

視覚と文字の認識は脳の中では別の働きのようだし、経験から予測して認識するということ?ある種のパターン認識なわけ?人間の情報処理能力の個人差にも関係があるのか?・・・素人なりに興味は尽きないな。

|

« 陽炎の辻 3 居眠り磐音江戸双紙 4 | トップページ | Perfume@代々木体育館 2009.5.10 「オジサンはそれだけが心配です」(ⓒ大本彩乃) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/44948956

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の認識力の不思議:

« 陽炎の辻 3 居眠り磐音江戸双紙 4 | トップページ | Perfume@代々木体育館 2009.5.10 「オジサンはそれだけが心配です」(ⓒ大本彩乃) »