« KISS | トップページ | ZAPPA PLAYS ZAPPA                     @渋谷 O-EAST 2009.4.8 »

2009年4月 8日 (水)

ZAPPA PLAYS ZAPPA                     @渋谷 O-EAST 2009.4.7

冒頭のドゥイージルのMCで初めてレイ・ホワイトの不参加を知った。そんなんあり?キーボードのアーロン・アーツの脱退でただでさえ演奏曲に制限がかかるのに、メイン・ヴォーカルまでいないとなると・・・アンサンブルやソロなどインスト中心の構成にするしかないということか。歌まで歌わなくてはならなくなったリード兼任キーボードのシーラの負荷が相当きついことになる。実際、彼女は少しお疲れのようで前回来日の時のような精彩が感じられなかった。そうでなくても普段着すぎる男ばかりのステージは見た目が寂しいもんだ、というか「華」の不在を今更ながら実感する。ドゥイージルには・・・天性の親しみやすさはあっても「華」はないからなぁ。

とか思っているうちにライヴは進行。流石というか、やはりというか、個々の演奏レベルには文句のつけようがない。ただ、PAのせいなのか、この編成でのアンサンブルがこなれていないせいなのか、全体的に音のバランスがラフな感じがした。メンバーの苛立ちようなものを感じさせる部分もあった。最低限の仕事はしているがこんなもんじゃないはずだろうという気持ちが終始付きまとった。

終わってみれば悪い条件の中でここまでやってくれれば良いかと思う反面、どうにも納得がいかない部分が多かったのも事実だ。高いチケット代を払って観に来たのは、前回並みの、いや前回以上の満足感を期待していたからであり、ZPZにはそれだけのものを求められると思っていたからだ。メンバーの脱退は不可抗力であるにせよ、何かこう残念なモヤモヤ感を残したまま帰路に付いた。

で、帰宅してから思ったね。こりゃ、2日目も観るしかないな、と。

こんなライヴの時は往々にして2日目が劇的に良くなることがあるのだ。しかも音楽に対してはいつでも真剣で大真面目だったザッパの血を受け継ぐZPZだもの、今夜の出来が不満足だったことは彼らも感じているはずだ。これは間違いなく修正改善したライヴを2日目に披露してくれるだろうと確信したわけだ。

そして、案の定、大当たり

次回に続く。

|

« KISS | トップページ | ZAPPA PLAYS ZAPPA                     @渋谷 O-EAST 2009.4.8 »

ZAPPA」カテゴリの記事

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/44613718

この記事へのトラックバック一覧です: ZAPPA PLAYS ZAPPA                     @渋谷 O-EAST 2009.4.7:

« KISS | トップページ | ZAPPA PLAYS ZAPPA                     @渋谷 O-EAST 2009.4.8 »