« 上野樹里賛江 | トップページ | 国宝 阿修羅展 »

2009年3月31日 (火)

ギター 番外編 愛すべきギタリスト

最も好きなギタリストは?と問われれば、即答でジミ・ヘンドリックスと答える。もっとも、ジミの場合、その音楽性やパフォーマンスも含めて総合的に評価すべきで、単にギタリストという枠には納まりきらないこともあり私の中で彼は特別枠扱いになっているのだ(ちなみに同じ枠にはザッパマイルスが入っている)。

その次は?他には?と問われると、これが難しい。

こうでなくてはいけないという明確なギタリスト像は持っていなくて・・・どちらかと言うとミーハー視点かもしれないな。基本的に目立つスタイルが好きだ。自己主張が強いプレイスタイルを持つタイプ、一聴しただけで耳を惹きつけられる(誰が弾いているか分かる)ギターが古今東西を問わず好きだ。それは曲や在籍しているバンドや時代性によって左右されることもあるわけで、その時だけの輝きに終わることも多いのだけど。

だから、普遍的に好きなギタリストというよりも、愛すべきギタリストといった基準ならば何人か上げられれるかもしれない、その一瞬の輝き組も含めてね。

というわけで、近日不定期シリーズ開始(予定)。

只今第1回登場アーティストを誰にするか思案中。アイオミにするかコゾフにするか意表をついてマクラグリンにするか・・・

|

« 上野樹里賛江 | トップページ | 国宝 阿修羅展 »

ギター」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/44530532

この記事へのトラックバック一覧です: ギター 番外編 愛すべきギタリスト:

« 上野樹里賛江 | トップページ | 国宝 阿修羅展 »