« 家から高円寺まで歩いてみた | トップページ | イチロー »

2009年3月23日 (月)

映画版「ヤッターマン」

三池監督だもの、しかも「ヤッターマン」だし。

オリジナル版についての知識もあって楽しみ方も知ってはいたが、いきなり荒廃した渋谷(らしき所)での全キャラ登場と対決シーンには驚いた。各キャラに対する自分のイメージと俳優が演じる実写キャラとにはどうしても違和感が生じがちだが、のっけから「これで行きます」の強引さのおかげで細かいことはどうでもよくなる。

思えば、過去の作品で明らかに海外ロケだろうという場面を標識一つで日本にしてしまった監督だからな。

後は(一部間延びする場面があるにせよ)テンポよく要所要所で炸裂するバカバカしさや下らなさを素直に楽しむ心の余裕さえあれば、十分満足がいく作品に仕上がっていると思う。いや、むしろもう一度観たい続きも観たいという気持ちにさせる癖になる後味を残す作品だ。

この作品の肝は、奇想天外なメカもさることながら、やはり真の主役ドロンボー一味に尽きる。観客が彼らに魅力(?)を感じなければヤッターマンの世界自体が成り立たない。たとえジャニーズ目当てで見に来たとしても、最後は「あの三人組,がサイコー」とならなければいかんのだ。その意味で深田恭子のドロンジョはじめ配役は絶妙であった。オリジナルの姉御風ではなくホンワカとカワイイ深田ドロンジョは十分ありだし、ケンコバのトンズラーも(体型的に)イメージ通り、しかし何と言っても生瀬のボヤッキーだ、演技的に多少問題のある二人を引き立てつつボケにツッコミにと大忙し、助演賞は生瀬に決まりだな。

そうそう、三池らしさと言えば下ネタ。今作でも「キンタマ」「チンコ」「オッパイ」と中学生(むしろ小学生?)レベルで大盤振る舞い。相変わらず女優に対してセクハラまがいの演出しているし…う、嬉しいじゃないか。

|

« 家から高円寺まで歩いてみた | トップページ | イチロー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/44451163

この記事へのトラックバック一覧です: 映画版「ヤッターマン」:

« 家から高円寺まで歩いてみた | トップページ | イチロー »