« 単行本「中春こまわり君」         山上たつひこ | トップページ | 「陽炎の辻3」制作決定 »

2009年2月 2日 (月)

パンチの効いたブルース        @西荻窪terra 2009.2.2

ブルースの効いたパンチ’の皆さん
長見順(vo.g)、GRACE(vo.ds)、かわいしのぶ(vo.b)011

半年ぶりのパンチ。破壊力増量。相変わらず立ち姿が「絵」になるよなぁ。

チェ風帽子からも分かるように今回のテーマは革命だ(例の映画の影響か?発案者はたぶんGRACE)。そのせいもあってか客を煽ること煽ること。そのオルグっぷりはさすが歴戦の兵(つわもの)と言える巧者ぶり。自分にいつ矛先が向かないかと内心では少しビビりつつもお客さんは大喜び。あっという間に時間が過ぎてアンコールへ(お約束やお義理ではない心からのアンコールってのはやはり良いもんだ)。最後の曲はリクエストを受けて『暴走族のボレロ』。シュールな詞とぶっ飛んだ展開がクセになる曲で個人的にも好きな曲だ。とっさに思いつかなかったのでリクエストはしなかったが、『OYAZI』も聴きたかったな。

対バンのStrangerはネットで音源チェックした時はイマイチかと思ったが、ライヴは演奏レベルも高く悪くはなかった。ただ一昔前のフォークっぽい歌や詞は好みの分かれるところかも(俺は苦手)。ほとんどの曲でギターが全体を引っ張っていて「俺様とバックバンド」の印象も残った(実際はどうかは知らん)。ベースとドラムとのコンビネーションを工夫するとバンドとしてもっと面白くなりそう。ただし、メインのバンドの名を間違えるのは感心しないな、すごく失礼だぞ。

|

« 単行本「中春こまわり君」         山上たつひこ | トップページ | 「陽炎の辻3」制作決定 »

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/43941967

この記事へのトラックバック一覧です: パンチの効いたブルース        @西荻窪terra 2009.2.2:

« 単行本「中春こまわり君」         山上たつひこ | トップページ | 「陽炎の辻3」制作決定 »