« 酔っぱらっています | トップページ | まさに才能の無駄遣い            ニコニコ動画 レスリング・シリーズ »

2009年2月11日 (水)

Jeff Beck@パシフィコ横浜2009.2.11      

今更ながら、ライヴは会場と座席の違いで印象が変わるものだと実感した。

その違いは主に音響面で顕著だ。

9日のNHKホールではメンバーの表情が充分確認できるほどの席(左PAスピーカーの音が直撃)だったせいもあるのか、ボトムの効いたまことにロック・バンドらしいサウンドであった。はっきり言って、ドラムの音が大きすぎたり(特にバスドラ)、ベースの音が不明瞭だったり、あろうことか御大のギターが聴き取りにくかったり、とバランスは悪かったのだが、それがかえって迫力を増幅させる良い方向に作用していた。ベックはじめメンバーが自らの創り出すサウンドに煽られてテンションが上昇していくのが様が良く分かった。

ライヴ・ハウスで「気心の知れた仲間同士」の演奏を楽しむような至福感と言ったらよいのか、高度なテクニックと才能に裏打ちされているからこそなのだが、適度な緊張感と緩さが観客を飽きさせないメリハリを生み出していて最後まで魅了してくれた。

それに対して11日のパシフィコ横浜は一階の最後尾で観ることになった。これが同じスタッフの音響造り?と思うほどサウンドが違う。ドラムの音が抑え気味(バスドラなどほとんど聴こえない)、ベースの音が明瞭(これはこれで嬉しかった)、渋谷ではほとんど聴こえなかったキーボードの音も確認できる(いずれにせよバッキングに徹してはいたが)、そしてジェフのギターをはっきりくっきりと前面に押し出した正しいギターインストバンドのようなバランスだったのには驚いた。これはこれでギターの妙技を確認し易かったりして良かったのだが、どうもバンドとしての熱が伝わってこない。前半にギター(シールド系かな)にノイズが発生していささか興を削がれたこともあるのだが・・・例えば渋谷ではあれほど場を盛り上げたドラムソロへの反応が鈍かったり、後半のハードでヘヴィな曲での盛り上がりがいま一つだったりと不満が残った。

渋谷が良すぎたという事もあるな。あの日はジェフも心底嬉しそうだった。客席の反応も決して「お約束」ではない自然発生的な熱狂ぶりだったし。本当に観れて良かったと思うよ。

以下、思いつくままに。

会場BGMが60年、70年代モノ中心で狙いがはっきりしていたね。ザッパの「イースターのスイカ」にはちょっと感激。そうかドラムはヴィニーだったよな。ギターのノイズ・トラブルで中断した時にボブ・ディランの「ブルーにこんがらがって」が流れたのには苦笑。

その中断前に、タルのベースソロが堪能できたのは予想外の収穫。しかもジェフのサポート(二人羽織?)付きは貴重だろう。

ほとんどトリオだけでいいんじゃない、と思える瞬間が多かった。このリズム・セクションとの相性は抜群だと思う。それぞれ売れっ子ミュージシャンで実現は難しいだろうけどパーマネント・メンバーとして暫く続けて欲しいな。出来ればスタジオ・アルバムも出して欲しい。このメンバーなら(個人的に強く望む)ハード/ヘヴィな方向で良い物が創れそうな気がするのだ。

タルちゃん・・・チビッ子だった。でもロック系のノリも楽しそうで堂々としていた。しかも軽々とスゴイことやっていて、ますます惚れた。ジャズやフュージョン寄りの演奏は彼女の才能の一部でしかないということが良く分かった。このままソロ活動にシフトするのも良いけど、バンドの一員としての活動も続けて欲しい。タイプは違うけど、トニー・レヴィンの様なポジションになるといいな。

|

« 酔っぱらっています | トップページ | まさに才能の無駄遣い            ニコニコ動画 レスリング・シリーズ »

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/44035492

この記事へのトラックバック一覧です: Jeff Beck@パシフィコ横浜2009.2.11      :

« 酔っぱらっています | トップページ | まさに才能の無駄遣い            ニコニコ動画 レスリング・シリーズ »