« 年末年始のテレビ | トップページ | 浅草裏飲み屋街のネコ »

2009年1月 6日 (火)

植草甚一「マイルスとコルトレーンの日々」

情報は知識ではなくて 知識は知恵ではないわ
知恵は真実ではなくて 真実は美じゃないわね
美は愛ではないし 愛は音楽じゃないわ
やっぱ、音楽が、“最高”よ・・・

―フランク・ザッパ「ジョーのガレージ」より

51zjg4nrr6l__ss500__3 読み終えた後、この言葉が心に浮かんだ。30年以上前の著作でありながらいまだに色褪せない輝きを持ち続け強い共感を覚えさせるのは、まず“音楽”在りきの姿勢によるものだろう。多岐に広がる話題が最後は常に“音楽”に収斂していく。情報量の多さだけが事の本質を語るわけではないのだ。特にその柔軟な感性と知性を通して驚くべき炯眼をみせる「ビッチズ・ブルー」前後のマイルスを語った文章は数多いマイルス論の中でも(これが同時代に書かれたものであることも含めて)もっと評価されるべきものだと思う。ああ、もう評価されているのか、遅れてきたのは私か。

この本は元旦の目黒七福神巡りの時に白金台のBOOKOFFで偶然目にして購入したのだが、さすが土地柄、他にも興味深い書籍がいっぱいあった(店内にカフェまであるし)。CDも輸入盤を中心に結構揃っていたし、ここは穴場かもしれないぞ。今後目黒までの散歩コースをここまで伸ばすかな。

|

« 年末年始のテレビ | トップページ | 浅草裏飲み屋街のネコ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/43665251

この記事へのトラックバック一覧です: 植草甚一「マイルスとコルトレーンの日々」:

« 年末年始のテレビ | トップページ | 浅草裏飲み屋街のネコ »