« fallout3をクリアした | トップページ | イムリ 5 三宅乱丈 »

2008年12月23日 (火)

ボクシングWBCフライ級世界タイトルマッチ テレビ中継

PRIDE消滅後、格闘技では久々に熱くなった。内藤も山口も前へ前へと出ていく打ち合いが素晴らしい。TBSのお家芸「露骨な偏向」実況・解説にもかかわらずテレビ画面にくぎ付けであった。

予想以上にタフな挑戦者も良かったが、内藤が凄い。年齢から考えればテクを駆使した老獪なスタイルであってもおかしくないのに、終始「攻め」の姿勢を崩さず(スタミナも半端ない)確実にポイントを重ねていた。不器用に見えて器用なのか、それとも不器用だからこそか。防衛を重ねるごとに若返っているような印象もある。この人の場合、(メディア露出を含めて)チャンピオンという今の地位が全てプラスに働いているようだ。

試合後、内藤は「反省しなくては」と発言していたが、それは相手の(作戦としての)挑発的ボクシングに乗ってしまったことなのかな。いいじゃないか、熱くなってナンボだし、試合中にそれを認識できる醒めた内藤がいることがかえって頼もしいぞ。

|

« fallout3をクリアした | トップページ | イムリ 5 三宅乱丈 »

スポーツ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/43513033

この記事へのトラックバック一覧です: ボクシングWBCフライ級世界タイトルマッチ テレビ中継:

« fallout3をクリアした | トップページ | イムリ 5 三宅乱丈 »