« ギター 2 | トップページ | 性懲りもなく自分ゲーム体験史 2 »

2008年12月28日 (日)

fallout3配信と自分ゲーム体験史

来年一月にダウンロード・コンテンツ『Operation Anchorage』配信決定。 詳細はこちらhttp://www.360gameszone.com/?p=4560 7515_3こりゃ楽しみだ。

この「fallout3」はもちろんだが、自分のゲーム体験におけるオールタイム・ベストを考えてみた。

ファミコン。ご多分にもれず「マリオ」のせいで自宅に最初期のファミコンがあったが、当時は他の大人同様子供向きと認識していた。ドラクエ騒ぎに対しても冷ややかだった。本格的にハマったのはスーファミからということになる。当時の会社の友人の強い薦めのおかげだったのだが、感謝しています、お元気ですか河内さん(P-FUNKも彼のおかげで好きになった)。

で、先ずスーファミの名作群から。「ドラクエ」なら。単なる子供向きではない人生の苦みのあるストーリーが印象的だった。それ以上に圧倒的だったのが「女神転生Ⅱ」の世界観とストーリー。善(ロウ)と悪(カオス)は絶対的なものではないというマルチ・エンディングは非常に新鮮だった。でもまだ上があるのだ。「ヘラクレスの栄光Ⅲ」は今なお忘れることのできない傑作だ。全てのエピソードや会話が主人公の因縁と深く関わり合うストーリー構成が素晴らしい。主人公の地獄巡りとささやかな希望・・・シナリオはFFⅤやFFⅩの野島一成、さもあらん。Wiiのバーチャルコンソール向けタイトルとしても配信されているはず。「タクティクスオウガ」「ベイグラントストーリー」の松野泰己もいい仕事をしている。彼の集大成となるはずだった「FFXII」の途中降板は残念。

これは長くなりそうなので、続きはまた。

|

« ギター 2 | トップページ | 性懲りもなく自分ゲーム体験史 2 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/43562751

この記事へのトラックバック一覧です: fallout3配信と自分ゲーム体験史:

« ギター 2 | トップページ | 性懲りもなく自分ゲーム体験史 2 »