« Perfumeの「肉体関係」? | トップページ | このマンガを読め!2009         と山上たつひこ »

2008年12月18日 (木)

楽しい音楽生活 16          Recomposed カール・クレイグ&モーリッツ・フォン・オズワルド

ラヴェル「ボレロ」やムソルグスキー「展覧会の絵」をまさにRe-Make/Re-Model した(ジャンル分けすれば)アンビエント・テクノのアルバム。Da69a1909fa0a24a2dcdd110_l

使用している音源はカラヤン/ベルリン・フィルの録音だが、仕上がりとしてはミニマル要素の強いコンテンポラリー・ミュージックだ。かといって頭でっかちにはならず、全体を覆う緩やかなグルーブ感が心地よい。しかし、エレクトロニック系アーティストって才能の宝庫だな。21世紀の今だからこそ出来た傑作だ。

非常に好奇心を刺激されたのでネットで検索したらフランスでのオーケストラ共演ライヴの映像を見つけた。http://www.grandcrew.com/videos/50 このアルバムからは6曲目に「ボレロ」を取り上げているが他の曲も素晴らしい。パーカッシヴな3曲目「At les」やカール版「ボレロ」のような7曲目「Technology」とか堪んないね。

ところでこの動画の左側にキーワードが並んでいて、Genres(ジャンル)の「Electronic」やStylesの「Techno」はともかく、Music moods に並んでいる単語が興味深い。音楽を言語化するのって苦労するのだよね。日本の評論家が良く使う単語もチラホラ・・・。

日本盤が出ればもっと話題になると思うのだがどうなんだろう。来日して日本のオケと共演と言うのはどうだ。

ジャケットはパロディかと思っていたが、実際に伝統のグラモフォン・レーベルから発売だったとは恐れ入りました。

|

« Perfumeの「肉体関係」? | トップページ | このマンガを読め!2009         と山上たつひこ »

ネット動画」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/43464194

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい音楽生活 16          Recomposed カール・クレイグ&モーリッツ・フォン・オズワルド:

« Perfumeの「肉体関係」? | トップページ | このマンガを読め!2009         と山上たつひこ »