« 雀が好きな杉浦日向子さんはロックも大好き | トップページ | 楽しい音楽生活 13              SWEET SERENITY 鈴木祥子 »

2008年11月 5日 (水)

祝 新大統領決定!でも「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」んだぜ

2大政党と言われているが共和党と民主党の関係は簡単に保守と革新(右と左)とに分けられるほど単純なものでない。今回の選挙では、冷静な現実認識の上で修正路線を選べる経験と実力がありそうな共和党のマケインの方が反ブッシュの思いが強かったかも知れない。革新(リセット)ですべて解決するほど現実は甘くないだろうし、オバマにしても実際には緩やかな修正の道を探るしかないと思う(問題の根は想像以上に深そうだし)。何はともあれ、悪夢のような8年間を世界にもたらしたブッシュ政権がやっと終焉を迎えることがめでたい。

アメリカには2大政党の他に、資本家の「利権」を第一の目的とし「宗教」の力を隠れ蓑にしたもう一つの大きな勢力がある。日本では新保守主義=ネオコンとも紹介されることもあるが、それは経済的にも宗教的にも強いアメリカ(一国主義)による世界主導を目指す考え方だ。つまり宗教(もしくは思想)で支配し経済で搾取する、というわけだ。その勢力が、その目的を実現する為に選んだ歴史に残る史上サイテーの大統領がジョージ・ブッシュだ。

ブッシュのマヌケぶり、ボンクラぶりはインターネットなどで世界中が認識していることだが、では何故こんな人物が大統領になれたのか?民主主義発祥の地であるアメリカで(しかも選挙によって)民衆が彼を選んだ理由は何?アメリカって、ひょとして民意がかなり低いのか?という疑問がわいてくる。そこでこれですよ。

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない町山智弘51ble1h5nwl__ss500__2

「週刊現代」「サイゾー」等雑誌での掲載中から注目していたコラムがまとまって刊行された。これは面白い・・・というか怖いぞ。薄々は気付いてはいたが、こんな事実を突きつけられると改めてアメリカがとんでもなく大雑把な「国」という事がよく分かる。しかし、日本人も笑ってはいられない事柄もここには書かれているのだ。アメリカにはまだ何とかしようという(一部ではあるが)発言や行動によるバランス感覚があるけど、日本はどうだろう?次の選挙が重要な分岐点になりそうだ。

ところで、政権の座を追われたブッシュ・ファミリーにどのような現実が待っているのだろう?「9.11」をはじめ、いろいろな疑問や謎が多すぎる。世界中が驚愕する事実が明らかになるかもしれない。

|

« 雀が好きな杉浦日向子さんはロックも大好き | トップページ | 楽しい音楽生活 13              SWEET SERENITY 鈴木祥子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/43026456

この記事へのトラックバック一覧です: 祝 新大統領決定!でも「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」んだぜ:

« 雀が好きな杉浦日向子さんはロックも大好き | トップページ | 楽しい音楽生活 13              SWEET SERENITY 鈴木祥子 »