« ヒメアノール1 古谷実 | トップページ | ロックは動いてナンボ 7                       27日のテリー・ボジオが我慢できないので『Black Page』祭り »

2008年11月23日 (日)

「陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~」 第12回

磐音と奈緒の切ないシーンにベタなヴォーカル曲(エンド・クレジットで聴く分には良い曲だが)は無いな。ここは吉原らしく離れた部屋からかすかに三味線(小唄付き〉が聞こえてくるぐらいが良かった。それでも短いシーンで二人の複雑な思いは伝わってきたし、彦屋の主人と会所の四郎兵衛に見送られた奈緒が大門を出て前田屋内蔵介と伴に新しい人生に旅立つシーンは悪くなかった。

が、その後が・・・

「生き写しの他人」というパターンは歌舞伎の時代からお約束の設定ではあるが、必然性としてはどうか?(しかもロングショットで全くの別人が演じているのが丸分かりだし)。磐音が「うん、そうか」という顔をしたけど、それだけかよ。それまで誰も突っ込まないし触れもしないし(誰か仄めかすぐらいはあったかな?)、原作でも同じ設定なのかな、それとも山本耕史ファンや王道時代劇ファンへのサービス?それにしたって、もう少し前田屋内蔵介が興味を引く魅力的な人物として描かれていたら印象は違ったかもしれないのに。

あと、個人的に残念だったのは、今まで時間をかけておこんの立場や魅力を描いてきたのに、話を急ぎまとめる為に単なる短気で我儘な女性にしてしまった事だ。あれじゃ、磐音がおこんのご機嫌をとる為に一方的に気を使っているようで、二人の旅立ちの多幸感が半減してしまった。

やはり大団円は、登場人物が多くなるし、まとめることも多くなるし、もう少し時間をかけて描いて欲しかったところだ。

ま、たかが時代劇、されど時代劇なのだよ。

お正月の特番には期待してます。

|

« ヒメアノール1 古谷実 | トップページ | ロックは動いてナンボ 7                       27日のテリー・ボジオが我慢できないので『Black Page』祭り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/43208167

この記事へのトラックバック一覧です: 「陽炎の辻2 ~居眠り磐音 江戸双紙~」 第12回:

« ヒメアノール1 古谷実 | トップページ | ロックは動いてナンボ 7                       27日のテリー・ボジオが我慢できないので『Black Page』祭り »