« ちょっと宇宙に行ってくる | トップページ | 荒呼吸 1 松本英子 »

2008年10月 6日 (月)

緒形 拳 死去

71歳。

最近もCM等で活躍していたし、そんな前兆は感じなかった。いや、確かに「風林火山」の宇佐美定満役では、少し衰えたかという印象を持った。以前のギラギラした存在感が無くなっていたのだ。ただこれは役柄上、メイン(長尾景虎、そうGacktです)を立てるための演技プランに基づくものだと理解していたのだが、ひょっとしたらその頃から体調の変化があったのかもしれない。

訃報に接して真っ先に思い出したのは、大河ドラマ「太閤記」(1965年)でのサル役だ。まだ戦国時代の基本的知識も無かった小学生の私にさえ圧倒的に面白いと思わせる作品だったのだが、何と言っても高橋幸治の信長、佐藤慶の光秀、そして緒形拳の秀吉というキャスティングが良かった。三者三様、若手とはいえ実力ある演技力で歴史上の人物にドラマを超えたリアリティを与えていた。中でも単なる善人ではない屈折した部分も持つ人間味ある秀吉像は(テレビ的には)新人であった緒方の人気を決定的なものにした。

・・・思い出してきた。映画「鬼畜」や「復讐するは我にあり」での演技や「必殺仕掛人」の藤枝梅安役も強烈だった。。

性善説」よりも人間の本性は欲望的存在だという「性悪説」がこれほど似合う役者はいないと思う(後は三國連太郎ぐらいか)。

合掌。

|

« ちょっと宇宙に行ってくる | トップページ | 荒呼吸 1 松本英子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/42712661

この記事へのトラックバック一覧です: 緒形 拳 死去:

« ちょっと宇宙に行ってくる | トップページ | 荒呼吸 1 松本英子 »