« 要塞男テリー・ボジオ来日とザッパ「ズート・アリュアーズ 」のこと | トップページ | マダムギター長見順              “ギターマダム” »

2008年9月17日 (水)

SONGS 沢田研二 Part1

実はGRACEがドラムという事が一番の理由で鑑賞したのだが、予想以上に良かった。Part2の放映(9月24日)の後まとめて感想を書く。今回は一つ印象に残った事を記しておく。

沢田研二本人が詞を付けた「我が窮状」という曲。その主張に関しての賛否はともかく、よくぞ歌ったと思う。日本もそろそろ誰もが積極的に発言・行動して行かんと危ういぞ、という危機感が彼にそうさせたのだろう。有名人や社会的に認知度の高い人々なら尚更自らのスタンスを明らかにすべきという事だ。

こりゃ、本当にロックだな。

ちなみに、「窮状」=「九条」ね。

|

« 要塞男テリー・ボジオ来日とザッパ「ズート・アリュアーズ 」のこと | トップページ | マダムギター長見順              “ギターマダム” »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/42514698

この記事へのトラックバック一覧です: SONGS 沢田研二 Part1:

« 要塞男テリー・ボジオ来日とザッパ「ズート・アリュアーズ 」のこと | トップページ | マダムギター長見順              “ギターマダム” »