« 浅草 電気ブラン | トップページ | 2008年9月23日 秋分の日 »

2008年9月22日 (月)

サラリーマンNEO Season3 #20

Mr.Takarada Theater -キレキレ-
なめてるよな -chapter3-

強気な事を言っていても、いざとなると権威に弱いサラリーマン人生。頭を下げる、へりくだる、必要ならば土下座する、長いものには巻かれるだよぉ、それもこれも「人生の処世術」と自分に納得させる。座右の銘は「優柔不断」「付和雷同」良く言えば「臨機応変」「臥薪嘗胆」「安全第一」・・・よく分からなくなってきた。

ま、そんなもんだ。

がんばれ川上くん -第三十一回「チャンス」-
テレビサラリーマン体操 -第17回「危機管理のできるサラリーマンになる体操」-

NEOの面白さの一つに「エロさ」があることを否定する男はおらんだろう。それも健康的な色気なんてものではなく妄想系のそれだ。エロ男爵の称号を持つ男沢村一樹、「川上君」シリーズでは封印していた妄想演技を全開放、面白すぎる。人妻原史奈も眼福眼福、ごちそうさま。サラリーマン体操も女性陣がゲストで出始めてから向かうべき方向が違ってきたな。これはこれで非常に癒されるわけだが。

厚姫 -第三回「姫、ご乱心」-

堀内敬子と中越典子の絶妙なやりとりが魅力のコントだったので、今回は人が多すぎて会話の妙が楽しめず残念。とはいえ、主な女性陣が揃えばそれはそれでOKなのだ。

こんなもんかな。来週で今シーズン終了、その後特番もいくつかあるようだ。http://www.nhk.or.jp/neo/

|

« 浅草 電気ブラン | トップページ | 2008年9月23日 秋分の日 »

サラリーマンNEO」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/42564735

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンNEO Season3 #20:

« 浅草 電気ブラン | トップページ | 2008年9月23日 秋分の日 »