« ロックは動いてナンボ 5        復活ZEPのツアーはあるのか? | トップページ | 祭りの後は »

2008年9月14日 (日)

サラリーマンNEO Season3 #19

とんでもないもの、見せてもらえた。

呑み屋のお通し的な「サラリーマンOLD」でなかなか良い滑り出し、これは期待できるかなと思ったところで、理解不能の変態キャラクターが日常(あるある系)コントの予定調和を掻き乱す「変な感じの係長」。そして苦味の効いたサラリーマン・スケッチ「当てるから」でお口直し。

そしてメインは川魚の煮込―「世界の社食から」はベトナムの菓子工場。近代都市型企業(本社)の社食はどこも似たようなもので高級感とかサービス度とかでの差別化しかできないけど、どこの国も生産現場の社食は民族色が強くなって面白い。近しい存在(同朋)であるはずのアジア系の食生活の方が欧米のそれより異文化性を強く感じる。ここで日本のアジア外交やグローバリゼーションについて論ずることは野暮だけど、いろいろ思う事はあるな。

アットホームでバブリーな80年代風デザート「喫茶80’s」とちょっぴり大人の風味「NYAO -若者よ、旅に出よう!-」でハッピーな後味を楽しんだ後、出ました、とんでもないもう一品「カミングアウト」。

これは人によっては受け付けなかったり腹にもたるかもしれないが、個人的には今季1,2を争う出来ではないかと思う。「」で始まり、後は「」「」「」・・・最後まで「」、その度に状況はエスカレートし遂には非日常から「宇宙」へとワープしていく。好きだなぁ、こういう展開。

これは一回しか使えない大技ではあるが、ひょっとしてこの先「もっととんでもないもの」を期待して良いのかな。NEOなら・・・期待しても大丈夫そうだ。あと2回だし、やっちゃえ!やっちゃえ!俺は許す(ちゃんと受診料払っているし)。

あ、そうだ。毎回選曲のセンスが抜群、これは言っておきたかった。

|

« ロックは動いてナンボ 5        復活ZEPのツアーはあるのか? | トップページ | 祭りの後は »

サラリーマンNEO」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/42480639

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンNEO Season3 #19:

« ロックは動いてナンボ 5        復活ZEPのツアーはあるのか? | トップページ | 祭りの後は »