« 2008年9月23日 秋分の日 | トップページ | SONGS 沢田研二 Part2          華やかさと強さ »

2008年9月24日 (水)

Mazerun3号@関内ストーミーマンデー2008.9.24

石渡明廣(g)、湊雅史(ds)、かわいしのぶ(b)008

今回は対バンがいた為、ワンセットのステージ。そのためか爆音部分は控えめで緩急を意識した選曲だった。とはいえ、このメンバーならではの太いうねりのあるリズムに、鋭さを見せつつ繊細で広がりのある音空間を作り出すギター(わかる?言葉で説明するのは難しいなぁ)が一体となった演奏は相変わらず魅力的だ。

見た目もクールな佇まいの石渡は、常に全体を意識したプレイをする。ソロも発想豊かで素晴らしいのだが、決して必要以上に出しゃばらない。バンド全体として出てくる音塊の質が優先される。テーマ→ソロ→テーマという単純な図式を目指さないジャズ・グループやオーケストラでその存在が重宝されるのが分かる。

本人が本当にクールかどうかは知らない001y

対バンはギタリスト松川純一郎率いるLow Blow

松川純一郎のプレイは、デガショー在籍時に何回か観ている(もう一人のギタリスト酒井泰三とのコンビは最高だった)。久しぶりだなぁ。ギターマガジンに執筆したりして講師になったしまったかと思っていた。

バンド自体はそれこそテーマ(うた)→ソロ→テーマ(うた)という単純なスタイルなのだが、ロック的なケレン味があって楽しめた。選曲がもろ60年代なのも良い。リズム・カッティングの妙技に観惚れてしまった。さすが教則本を出すだけのことはある。

|

« 2008年9月23日 秋分の日 | トップページ | SONGS 沢田研二 Part2          華やかさと強さ »

ライヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/42586513

この記事へのトラックバック一覧です: Mazerun3号@関内ストーミーマンデー2008.9.24:

« 2008年9月23日 秋分の日 | トップページ | SONGS 沢田研二 Part2          華やかさと強さ »