« シグルイ 11 | トップページ | えの素3 榎本俊二 »

2008年8月23日 (土)

映画「デトロイト・メタル・シティ」 

そりゃ原作だって大した作品じゃないさ、絵も下手だしストーリーは破綻しているし、でも楽しめるんだよ。

それは、バンドマンやそのファン、オタクやオヤジ(オシャレ系、変態系、メタボ系いろいろ)等のキャラ達と主人公根岸のヘタレぶりが(誇張されているとはいえ)妙にリアルな印象を与えるからだ。超人というか狂人というか人格破綻で非常識な奴らばかりでも、自分たちの日常とそう遠くはない場所にいる気がするから、かれらの行動や言動が笑わせてくれるのだ。

善(ヘタレ)と悪(クラウザー)の狭間で翻弄される根岸がしだいに善悪を超えた存在(ルサンチマンの怪物)になりつつある展開も個人的に興味深い。二重人格の落差に悩む根岸ではなく、二つの人格を使い分けるもう一人の「根岸」の存在感が強くなってきているのだ。あ、そうか、これ「ジキルとハイド」か。

で、なんで原作に付いてくどくど書いているかというと、映画版が見事にどーしようもない「日本映画」だったからだ。映画は別モノと期待は持たないようにしていたとはいえ、原作と比べて脚本や演出どうのこうの言う以前に、映画としてダメでしょ。いや、ところどころ良い部分もあるのだが・・・これは編集の手際悪さもあるが、テンポが悪く間延びして笑える場面が笑えない。セリフが聞き取り辛く、一部を除いて演技が棒、もしくは手抜き(でも高橋一生は良かった、ほんと何でもやるな、この年齢不詳役者は)。そして肝心の音楽シーンだが、主題曲『SATSUGAI』のビデオクリップがなかなかの出来で期待していたのに、それを超えるモノが本編にないとはどういう事だ。クリップの監督・編集は別人?残念ながら一度も一瞬たりも「本物」は感じなかった(上手に騙して欲しかったのに)。http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00547/v05178

新宿歌舞伎町の映画館で鑑賞したのだが、しょうもないネタでも笑いが起きる右側と反応の鈍い左側の客層がはっきり分かれていたのが不思議(当然俺は左側)だった。唯一の場内全員爆笑はクラウザーのハンパない農業スキル発動シーンかな、松山のクラウザーはハマリ役だと思う(しかし弟役の演技は最悪だった)。

ま、「好き」か「嫌い」かと言われたら、「嫌い」じゃないが、一般的にはどうなのだろう。

ところで、歌舞伎町に着いたとたん、原作から飛び出してきたような「オタク」の集団に遭遇して驚いてしまった。コマ劇場で「モーニング娘。」の公演があり、いわゆる「モーオタ」という人種が集まっていたようだ。あれだけ集まるとやはり独特の空気感を醸し出すなぁ。

|

« シグルイ 11 | トップページ | えの素3 榎本俊二 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

観てから10日以上経っているのですが、遅ればせながら…。
私の場合、原作と比してこうあって欲しい部分や、予想する所がなかったせいか、結構楽しめてしまいました。観る前日にこのエントリーを見て”ライブシーン今いちなんだ”的な心構えはあったのですが、”まぁこんなもんだろう”といった感じでそんなに残念でもなく。それは多分、この映画には「ロックを聴かせてやろう」という気構えがそんなになかったからだろうと邪推します。1番気になったのはドラマーのキャスティングで、別にロバートの人じゃなくても良かった様に思うのです。ここをちょっとでもホントに叩ける人いれてたら、結構印象変わってたかも?

http://www.varietyjapan.com/interview/2k1u7d00000ajdnw.html
この松山氏のインタビューを読む限りでは、観客とやりあった際に、某かのケミストリーはあったようですね。

私が見たのは池袋の劇場でしたが、夏休み中とは言え月曜の最終回にほぼ満席という、ちょっと信じがたい状況でした。若い子、それも女性の割合が多く、この映画人気を支えてるのは、松ケンファンが中心なんだなぁと思わされました。
長々と失礼しました。m(_ _)m

投稿: kazoo | 2008年9月 5日 (金) 15時03分

kazoo様

どうせ漫画が原作だしマンガ的キャラや表現(誇張という手抜き)でも大丈夫だろう、という安易な部分が見うけられたのは残念でした。
映画が万人向けである以上、原作ファンのこだわりに付き合ってはいられないだろうけど、もう少し本気で作ってくれたら作品自体の質も上がったと思います。

しかし、この程度の「発想」はオリジナル脚本でも思いつきそうなものですよね。今の時代、原作付き(+人気若手俳優)じゃないと企画が通らないのでしょうけど、いろいろなしがらみ(遠慮や制約)もありそうで制作現場は大変そうです。監督の顔が見えてこない、というより、監督誰だっけ?

投稿: kussy | 2008年9月 6日 (土) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/42254459

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「デトロイト・メタル・シティ」 :

« シグルイ 11 | トップページ | えの素3 榎本俊二 »