« ちりとてちん外伝 まいご三兄弟 | トップページ | 暑いニャ »

2008年8月12日 (火)

谷本歩実の一本

特別強い関心があるわけではないが、何となく観てしまうオリンピック放送(もちろん民放のふざけたノリにはついていけないのでNHKかBSで視聴)。今回の女子63キロ級柔道も「ああ、この選手知ってるな」程度の興味で観ていた。

が、その鮮烈な一本勝ちに思わず声を上げてしまった。今年一番胸のすく一瞬だった。

積極性が優先され受けて技を仕掛ける「柔」の部分が軽視されたJUDOでは、各国の選手のレベルも上がり実力も拮抗してくるとどうしてもこう着状態が生じやすい。結果、指導など反則ポイントや中途半端な技で勝敗が決まってしまいどうにも煮え切らない試合が多くなる。真剣勝負の駆け引きという視点からルールを熟知し選手の情報も押さえておけばそれなりに楽しめる部分もあるのだが、一般の人々が興味を持続させるのは難しい。特に武道に限らずスポーツ全般に「美学」を求める日本人にとっては尚更だ。

だからこそ、谷本の決勝での一本は(あくまで「柔道」に拘る)日本人の琴線にダイレクトに響く強烈な印象を残した。間違いなく後世に語り継がれる一本だろう。

ただし試合的な面白さは勝ち上がる予選で見せた寝技での一本にあるなぁ。格闘技は立ち技よりグランドの攻防だな、やっぱり。

|

« ちりとてちん外伝 まいご三兄弟 | トップページ | 暑いニャ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/42152637

この記事へのトラックバック一覧です: 谷本歩実の一本:

« ちりとてちん外伝 まいご三兄弟 | トップページ | 暑いニャ »