« えの素 榎本俊二 | トップページ | イムリ 4 三宅乱丈 »

2008年7月 1日 (火)

シャッフルでゴー 5

テレビも最悪に面白くないし、シャッフルいってみましょうか。

一部曲を入れ替えたので何が出るか楽しみ・・・出たーっ!出そうで出なかったストーンズ

1曲目「Soul SurvivorThe Rolling Stones 1972年5165pb4925l__sl500_aa240__2

傑作「Exile on Main St.」から。

いまさら何を語っていいやら。アルバム制作時にキースやミックは30歳にもなってなかった。それでいてこれほど豊饒な果実を作り出してしまうとは・・・公私区別なくロックン・ロール・ライフの絶頂期でもあったはずなのに、音楽的には何の揺らぎもないストーンズ・ミュージックの王道へまっしぐら、スゲェとしか言いようがありません。

2曲目「 Who Says a Funk Band Can't Play Rock?!Funkadelic 1978年51sy342qpsl__sl500_aa240_

一般的には一番有名なタイトル曲「One Nation Under a Groove 」を含むアルバムから。

これまた分かり易いメッセージのタイトルだ。でも初めて聴いた時から全然ロックじゃねぇと思ったけどね。まぎれもなくファンクでしょう。初期にはもっとストレートにロックな曲があった。マイケルのギターソロ垂れ流しもファンクだからこそ我慢できるのよ。

3曲目「Funny WaysGentle Giant 1977年41p25t8qdtl__sl500_aa240__4

何度も繰り返し繰り返し聴いてきて未だに飽きることのないロック・グループ、ジェントル・ジャイアントのライヴ・アルバム Playing the Fool 」から、ファースト・アルバムに収録されていた曲のライヴ版。

いつか項を設けて詳しく語ろうと思っているのでここでは紹介だけ(すみません、語りだすと止まらない恐れもあるので)。

それでは、また次回。

|

« えの素 榎本俊二 | トップページ | イムリ 4 三宅乱丈 »

シャッフルでゴー」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/41707248

この記事へのトラックバック一覧です: シャッフルでゴー 5:

« えの素 榎本俊二 | トップページ | イムリ 4 三宅乱丈 »