« Mazerun3号@西荻窪アケタの店  2008.6.11 | トップページ | 映画「イースタン・プロミス」 »

2008年6月13日 (金)

キミ犯人じゃないよね? 最終回

ホントに最後までしょーもないドラマだったわ。

いやドラマは求めてなかったな、だから楽しめたのだ。

真面目に評論するのも馬鹿らしいのだが、ずぅーと引っ張ってきた主人公の記憶の秘密が何かの殺人事件に関連するであろう事は想像できたが、それが時空を超えた宇田川とさくらの因縁に帰結するとは思わんかったわ。ご都合主義にも程がある!(ほめてます)

お笑い系やアイドル、バラエティ系のタレントが登場せず、役者だけが演じるコメディはうまくはまると面白くなる。小劇団風の身内ノリになる恐れもあるが(特にテレビ局側のスタッフにその傾向が強そう)、今回どんな役でも「真面目」に取り組む貫地谷しほりのテンションが良いスパイスになっていて全体を引き締めていたと思うが、どうか?やっぱ、グダグダには変わりはないか。

いずれにしても、終了したのがちょっと寂しい、そんな作品だった。

|

« Mazerun3号@西荻窪アケタの店  2008.6.11 | トップページ | 映画「イースタン・プロミス」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222843/41526776

この記事へのトラックバック一覧です: キミ犯人じゃないよね? 最終回:

« Mazerun3号@西荻窪アケタの店  2008.6.11 | トップページ | 映画「イースタン・プロミス」 »